« 八王子市文化財修復組み立て編② | トップページ | カンガルーの安楽死 »

2008年3月12日 (水)

その③八王子市文化財組み立て

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

囃子連の仲間から山車の組み立ての経過をブログで見たいからその記事を書けとの要望が多いので、今日も山車の組み立てを紹介します。

今日は朝一と夕方5時前に恩方に行く途中に山車小屋によりました。

080312101

虹梁の接合部上からとりたかったのですが、適当な梯子がないので、またの機会にとります。

今日は楽屋部の左側の組み立てです。

080312106
↑カンナで彫刻の幅を微調整しています。

080312114
↑楽屋部の側面の壁です。

ここにはめ込みます。

八王子の山車は組み立て式ではありません。

なので90年ぶりに解体修理をした結果、柱の歪みや彫刻板の縮みが生じて組み立てるのに調整が必要とのこと。

番匠設計の小町先生と話しました。

その辺を設計で調整したようです。

080312109

080312108

080312107

こんな感じではめ込みました。

これが夕方になると完全に調整され、山車本体に組み込まれます。

080312105

ゴム製で中に砂の入ったトンカチで叩いてはめ込んでいました。

080312104

朝調整していた彫刻板。

080312102
↑白木の部分が木になりますが、最終的にはもう少し目立たなくなるのでしょうか。

そこは聞けませんでした。

080312103

まだ山車の車体部には組み込んでいません。

楽屋部が完成したら組み込むそうです。

一発ではまるのか楽しみです。

明日はどこまで進むのでしょうか。

楽しみです。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 八王子市文化財修復組み立て編② | トップページ | カンガルーの安楽死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/11230466

この記事へのトラックバック一覧です: その③八王子市文化財組み立て:

« 八王子市文化財修復組み立て編② | トップページ | カンガルーの安楽死 »