« カンガルーの安楽死 | トップページ | 今日はメルマガ発行日 今回は最低賃金法改正とその実務です »

2008年3月14日 (金)

その4 八王子市文化財修復 組み立て編

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日も日吉町の山車。

大分出来てきましたよ!

080314106

板と板の間に白木を入れて、縮んだ木を調整したようです。

080314119

080314109
↑近くによるとこんな感じです

番匠設計の小町先生の仕事です。

市先生どうです?

080314127
↑裏はこうなっています。

080314124
↑外れていた虹梁接合部。しっかりと入っています。

因みに施行前の写真。
Dscf0909

つくづく屋根が落ちてこないで良かったです。

080314125
↑上の写真の虹梁接合部を横から見た写真。

施行前はこの間に親指が入るほどの隙間がありましたが、今回の修復で埋まりました。

山車が動いているときにこの隙間が縮んだりして、ここに指を挟んだら潰れるなと思いながらとんびを吹いていたことを思い出します。

080314131
↑山車小屋にある山車新調時の寄付金

最高額は400円です。

大正6年当時の金額です。

080314132

20円が一番多いようです。

当時の様子が分かる貴重な資料ですよね。

20円というとどのくらいのお金なんでしょう。

山車は90歳を超えていますが、今生きている方でもこの山車が建造された当時は赤ちゃんでしたから、当時の貨幣価値は謎です。

400円を100万円とすると、20円は25000円。

50万円とすると12500円。

このくらいでしょうかね。

今度調べてみようと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« カンガルーの安楽死 | トップページ | 今日はメルマガ発行日 今回は最低賃金法改正とその実務です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/11340151

この記事へのトラックバック一覧です: その4 八王子市文化財修復 組み立て編:

« カンガルーの安楽死 | トップページ | 今日はメルマガ発行日 今回は最低賃金法改正とその実務です »