« 南多摩地区病院事務研究会で講演 | トップページ | 囃子連との調整 »

2008年4月12日 (土)

今回のメルマガは労働組合の経費援助の考察です

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

砂鉄と磁石で字が書けるおもちゃです。

私の子供の頃もありましたが、黒一色でした。

080410001

今は2色のものもあるんですね。

驚きましたが技術的には新しいものではないようです。

しかし子供のおもちゃも進歩していますね。

今日はメルマガを執筆しました。

今回は「労働組合への経費援助の考察」です。

労働組合については会社と良好な企業が多いです。
また解雇を巡るトラブルでいわゆる合同労組に駆け込まれることもありますが、これについては実際に業務に従事することは殆ど無く、組合活動中の賃金について意識することはあまりありません。

しかしこの様な環境により人事担当者が労働組合法の知識が不足しているケースが多いのです。

また、労働組合員もフリーターや派遣労働者のみで構成されている労働組合の場合、経験のある労働組合員がいない為、労働組合側も法令についての知識が欠如しているケースも最近目立ちます。

労働組合の結成にあたり、上部団体に加入することを快く思わない経営者もいらっしゃいますが、むしろ私はしっかりとした上部団体に加入し、労働組合の活動についてしっかりと指導されることが望ましいと考えます。

ある企業の労働組合は上部団体に加入していますが、年配の専従役職者の方はしっかりとした哲学があり、戦略があります。

手強い交渉相手ではありますが、その方がいらっしゃると組合活動も引き締まります。

この様な観点から今回のテーマとしました。

是非ご登録下さい。

参考図書

労働組合法 労働関係調整法 (労働法コンメンタール (1)) 労働組合法 労働関係調整法 (労働法コンメンタール (1))

著者:厚生労働省労政担当参事官室
販売元:労務行政
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 南多摩地区病院事務研究会で講演 | トップページ | 囃子連との調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/20187400

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のメルマガは労働組合の経費援助の考察です:

« 南多摩地区病院事務研究会で講演 | トップページ | 囃子連との調整 »