« 駐輪禁止といわれても | トップページ | 管理監督者と労働基準法 »

2008年4月23日 (水)

なんでいつも神道なの

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

5月人形を出しました。

080423007

屋根より高い鯉幟は最近見ませんが、節句はしっかりとやっていきたいですね。

長男と御神酒を供えてすくすくと育ちますようにと2礼2拍手一礼。

長男はカトリック系の幼稚園に行っているので何となく宗教的行事は抵抗ありません。

石川県白山市の角光雄市長が公用車で神社の記念式典の参加したのは政教分離原則に違反するとして公金の返還を請求した訴訟の控訴審判決で名古屋高裁金沢支部が「式典で祝辞を述べるのは憲法が禁止する宗教的行事にあたり違憲」との判決があった。

しかし何で神道だけねらい打ちするんでしょうね。

神道とは民俗宗教で天照大神を崇める気持ちはなくとも初詣や春祭り、夏祭り、秋祭りに参加している。

家を建てるときも地鎮祭や上棟式で神主にお世話になる。

宗教というよりは我が国の風俗である。

八王子まつりは多賀神社と八幡八雲神社の祭禮が母体。

日野最大の祭りは八坂神社の祭禮。

神道抜きでは祭りは出来ない。

これは違憲じゃないんですかね?

公立学校で行われるクリスマス会、お盆の行事が分離したとされる七夕祭り。

これはどうなんですかね?

七夕の由来は宗教的行事ですよ?

仙台の七夕祭りに市が補助金を入れることは違憲なんですかね?

公立学校に笹の葉を飾ることは違憲じゃないんですかね?

公立学校の遠足で鎌倉の鶴岡八幡宮をコースに入れることは違憲じゃないんですかね?

自衛隊の判決も傍論で意見と判断する司法。

神道はそもそも宗教なのか。

神社のお祭りを宗教的行事として参加している人は何人いるのか。

天皇陛下が神格化されたのは明治、大正、昭和初期のごく限られた期間だけである。

そもそも我が日本国民は宗教に寛容な民族であると元外交官の佐藤優氏はその著書の「国家の謀略 」の中で述べられている。

戦後の占領政策的価値観をそろそろ脱して、もっと自由に我が国の文化を守りたいと強く願います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 駐輪禁止といわれても | トップページ | 管理監督者と労働基準法 »

コメント

まったく同感である。日本人は最近頓にバカになってきている、このままでは日本は消滅する。その前にこっちが消滅しちまうか・・・・・

投稿: 子安の狸 | 2008年4月23日 (水) 21時15分

神道がだめなら仏教、キリスト教などに由来する行事が全て公の団体や税金が補助金として入っている団体では出来なくなってしまいます。
当然宗教系学校法人にも助成は出来なくなります。
宗教団体が保有する文化財にも助成は出来なくなります。
仏像や仏典なども国や地方公共団体が保存することは出来なくなります。

この裁判の原告たちはそんな無味乾燥な社会を目指しているのですかね。

行き過ぎた政治運動で我々の地域や国家の伝統や文化が失われないことを祈るばかりです。

投稿: 山本法史 | 2008年4月24日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/20504170

この記事へのトラックバック一覧です: なんでいつも神道なの:

« 駐輪禁止といわれても | トップページ | 管理監督者と労働基準法 »