« 参議院なんていらない | トップページ | 填った・・・ »

2008年4月 9日 (水)

山車引き渡し

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は山車の引き渡し。

吉匠建築工藝さんから日吉町一・二丁目町会に引き渡されました。

昨年11月に解体をはじめ、屋根と車を残して全て解体して修復をしました。

大正6年に建造された山車ですから91歳。

私の祖母は大正7年生まれですから古い山車ですね。

Dscf0114

囃子台の照明はこんな感じです。

Dscf0118

左側一本だけ。

Dscf0115

ちょっと暗そうですね。

欄干とアセチレンガスの配管

Dscf0119 

Dscf0120 

Dscf0129

パイプが2センチぐらい浮いていて、欄干との距離も1センチ程あるので、締太鼓の台を付けると配管を前に押しそうです。

Dscf0123_2

この辺は実際付けてみないと分かりませんね。

囃子が好きで、祭りが好き。

滅多に見ることの出来ない自分の町会の山車の解体修理に立ち会えたことは非常に幸せでした。

棟梁や番匠設計の小町先生と色々と山車の構造や修復の方法についてお話が聞けて事は非常に良かったです。

ほぼ毎日山車を見に行き、私のことを市役所の文化財課の人と勘違いをしていた業者さんもいましたが、非常に面白かったです。

今回の修復のプロセスを写真に納めました。

時間をつくってまとめて見ようと思います。

孫に写真を見ながら今回の修復の話が出来ると良いです。

その時もこの山車はおそらく現役でしょう!

文化財を引き継ぐ。

この気持ちの大切さと、日本の木造建築の凄さを感じた出来事でした。

お披露目は5月4日です。

楽しみです!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 参議院なんていらない | トップページ | 填った・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/20074391

この記事へのトラックバック一覧です: 山車引き渡し:

« 参議院なんていらない | トップページ | 填った・・・ »