« うまくいっている弁護士との連携 | トップページ | 友好的買収の要件として人員整理を行わないということ »

2008年5月27日 (火)

昇給額のクレームはコミュニケーション不足から生じる

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は朝一番で社会保険の新規適用、午後一番で労働基準監督官の臨検立ち会い。

その後、社会保険調査官の任意包括事業所の実地調査立ち会いと役所づくしの一日でした。

こういう日は事務仕事がたまります。

今週はもう一件監督官の臨検があり、そして職員への賞与支給。

職員一人一人と個別に面談します。

そこで半期の双方の課題と役割について確認します。

12人と個別面談。

改正パートタイム労働法でなぜ待遇の格差があるのかを説明することが義務づけられましたが、やはりこれは法の要請というよりは経営者の役割としてしっかり行うことだと思います。

ある税理士からクライアントの昇級額について「低い」とクレームが来たという相談を受けているという話がありました。

よく聞くと、なぜ昇給額が低いのかという事について経営者が全面にたっていない。

経営者が「低い」というクレームが来たら、「低い理由」をしっかりと説明をして、自らの職責においてその理由を納得して貰う努力が必要なんですね。

それがなければ労働者だって納得しません。

これはマネジメントの問題であり、「法的に受け入れなきゃいけないの?」という質問は視点が違うんです。

社会保険労務士とは試験科目に労働法と労務管理がある資格。

経営と法律の融合を目指すべきというのが私の持論ですが、賞与の査定や昇給については法律というよりはマネジメントの問題。

そして言いにくいことほどストレートに言った方がコミュニケーションがうまくいく。

私も表面的には順調な人生を歩んできたように見られますが、常に悩みながら経営者としてジャッチしています。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« うまくいっている弁護士との連携 | トップページ | 友好的買収の要件として人員整理を行わないということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/21226439

この記事へのトラックバック一覧です: 昇給額のクレームはコミュニケーション不足から生じる:

« うまくいっている弁護士との連携 | トップページ | 友好的買収の要件として人員整理を行わないということ »