« 父の日 | トップページ | 蛍狩り »

2008年6月16日 (月)

牛を見て鯨との違いを考えた

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は八王子市小比企町にある「磯沼ファーム」に行ってきました。

牛がたくさんいます。

080616001

こんな牛も

080616008

こんな牛も

080616007

餌もあげられます。

080616002

私のあげた餌を食べる牛。

鶏も・・・。

0806160043

そして寄り添う牛も

Dscf0350

長男が牛肉の牛と一緒だねと質問してきたので、これを食べるんだよと説明。

牛さんかわいそうと言いましたが、かわいそうと思うんなら残さず食べなさいと。

この牧場は乳牛ですが、牛を見て可愛いと思う気持ちがある。

餌をあげるときに手を舌でなめられましたが、あれは牛タン。

鯨と牛のどこが違うのだろうかと非常に疑問でした。

牛も愛くるしいですが、これを食べなければ我々人間も生きていけません。

食べさせていただいているという事に感謝をして、残さず頂くことが供養でしょう。

鯨だけが可愛そうという団体がいますが、牛だって可愛そうですよ。

要は頂くときの気持ちだと思うんです。

生きていくためには食べなければいけませんから。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 父の日 | トップページ | 蛍狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/21666058

この記事へのトラックバック一覧です: 牛を見て鯨との違いを考えた:

« 父の日 | トップページ | 蛍狩り »