« 名ばかり管理職って・・・ | トップページ | 父の日 »

2008年6月14日 (土)

今回のメルマガは不活動仮眠時間についての検討

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

080605002

衣替えしたスーツ。

後2着あります。

衣装持ちと妻に言われますが、私服は殆ど持っていません。

スーツと半纏です。

長男の父親参観何着ていこう・・・。

まさか半纏ではね・・・。

今日はメルマガ執筆日。

大星ビル管理事件をもとに不活動仮眠時間の検討をしました。

不活動仮眠時間といっても労働時間である待機時間とされる場合があります。

そしてそれは「業務の必然性から労働時間となるもの」と「中途半端なルールで運用した為に労働時間となってしまうのも」に大別出来ます。

この辺を中心に検討しました。

不活動仮眠時間が必要な会社の多くは、業務システムを整えることによりそれが休憩時間とされる場合が多いと考えられます。

労働者にとっては休憩時間の確保に繋がりますし、使用者にとっては不活動仮眠時間に対する賃金支払い義務がなくなります。

しっかりと検討をして対策を立てていただきたいと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 名ばかり管理職って・・・ | トップページ | 父の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/21627720

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のメルマガは不活動仮眠時間についての検討:

« 名ばかり管理職って・・・ | トップページ | 父の日 »