« ビールと野球とお祭りと | トップページ | 朝からサンバ »

2008年7月18日 (金)

運送業の社内研修

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は稲城市に本社のあるワイエムキユソーさんの営業所長会議に安全運転の啓蒙活動を目的に、改善基準の説明と長時間労働、拘束時間の防止の為の研修をしてきました。

080718001_2

運送業の労働時間管理は非常に難しく、所長が先頭を切ってやって頂かないと効果が出ません。

今回は重大事故を防ぐ為に、どの様に拘束時間を考えていくべきかという事を中心にお話ししてきました。

交通安全週間にやってもよかったのでしょうが、善はいそげでで本日の開催となりました。

病院の夜勤の看護師の場合、17時間拘束で8時間労働というケースも可能です。

この場合、残業手当が発生しません。

しかし運送業の場合、いくら残業手当が発生しなくても17時間拘束は改善基準で許されません。

ですから拘束時間の中で、連続4時間の運転時間と次勤務までの8時間の休息時間を確保しながら効率よく勤務してもらう必要があります。

ただ受け身ではなく、積極的に営業所長が働きかけて社員の拘束時間を減らす事が必要な訳です。

ワイエムキユソーさんは、幸いにしてコンプライアンスに対して非常にご理解のある会社様なので、研修も効果的に出来たと思います。

貨物運送業も旅客運送業もクライアントに多く、運送業の労務管理には自信があります。

安全な業務の遂行の為にお役に立てたかと思います。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« ビールと野球とお祭りと | トップページ | 朝からサンバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/22385090

この記事へのトラックバック一覧です: 運送業の社内研修:

« ビールと野球とお祭りと | トップページ | 朝からサンバ »