« 熱中する事の大切さ | トップページ | 手作りのまつりから学ぶもの »

2008年7月26日 (土)

18年の壁今越えた!!

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

母校日本大学鶴ヶ丘高等学校が第90回高校野球選手権大会西東京大会を制し、甲子園出場を決めました。

甲子園への軌跡

080726_3

18年ぶり2度目の出場です。

18年前は私は高校一年生でした。

1990年、平成2年です。

それ以来の出場。

後輩のTシャツにも「117の夢達と、3年間の思いを乗せ、18年の壁今越える」という詩の入ったものを着て応援していました。

本当に18年の壁を今越えたわけです。

高校一年生から18年経つと34歳になるんだということですが、本当にうれしかった。

試合結果(東京都高野連ホームページ)

先制点は鶴高で、3回裏一死満塁からライトオーバーのヒットかと思いきや好プレーで捕球。

一塁走者が塁に戻れずダブルプレー。

その間に3塁走者がタッチアップで生還。

この生還を巡ってジャッジが2転しましたが、結局ダブルプレーが成立して、タッチアップを認めるという事になりました。

早実側の抗議でプレーは若干中断。

その次の4回表に早実が一点返し同点。

その裏、打者一巡の猛攻で5点を鶴高が返しました。

しかし3者残塁は残念でした。

その後5回表と7回表、8回表に早実が一点ずつ返し6-4の2点差まで縮められていました。

はっきりいって早実ペース。

胃がキリキリする試合展開。

2点差は終盤でひっくり返る。こんな不安を感じながらの観戦。

しかし8回裏打線が一気に爆発。

7点を取る猛攻でした。

13-4で差は9点差。

回も9回表に移り、気分は甲子園モード。

1点返されましたが、最後はダブルプレーで試合終了。

080726_5

080726_4 

080726_2

080726

080726_15

本当にうれしかったです。

早実のミスをしっかりと得点に結びつけたことが結果として勝利につながったと思います。

8回の猛攻までは、やばいと思っていました。

しかしよく打ちました。

080726_14

080726_13

18年前のこのスタンドには私がいましたよ。

今回は仕事の関係でテレビ観戦でしたが。。。

現役生の頃は本当に嬉しかった。

卒業しても嬉しいですが、在学中に甲子園に行けるというのは嬉しい限りです。

18年前の新聞のスクラップを読み返しました。

080726_9

前回出場の72回大会のペナントとボール。

080726001

080726001_2

これがまたひとつ増えます。

嬉しいです。

夫婦で鶴高出身のエスエストラスト杉本社長と喜びの一枚。

080726002

このブログを見て下さっている友人の方をはじめ、メールや電話でのおめでとうコールが凄かった。

有り難うございました。

しかし初戦は鹿児島代表の鹿児島実業です。

強豪校ですが、萩生田監督も言ってましたが、代表となったからには真紅の旗を狙うと。

ここ数年は東西の東京代表校は初戦で負けていません。

意地でも初戦突破して貰いたいです。

悩みは大会二日目の第一試合。

ということは八王子まつりとバッティング。

この時間町内周りをしています。

さくっと勝ってまつりに集中したいですね。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 熱中する事の大切さ | トップページ | 手作りのまつりから学ぶもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/22579961

この記事へのトラックバック一覧です: 18年の壁今越えた!!:

« 熱中する事の大切さ | トップページ | 手作りのまつりから学ぶもの »