« 異文化交流の大切さ | トップページ | 熱中する事の大切さ »

2008年7月24日 (木)

西東京大会決勝進出

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

このブログはまつりの記事と高校野球の記事を書くと閲覧数が増えます。

最高記録は昨年の八王子まつり最終日の日。

閲覧数は増えるのですが、ブログランキングは下がります。

書きたいことを書くので、唯我独尊で行きますが、上の緑のボタンのクリックをお願いします!!

さてさて今日は西東京大会の準決勝2試合が行われました。

母校日大鶴ヶ丘は日大二高戦。

9回サヨナラ勝ちでした!!

8-7です!!

試合結果(東京都高野連HPより)

手に汗を握る試合とはこの事。

良い試合でした。

1回表に1点を先制されましたが、その裏3番内ノ倉の2ランホームランで逆転。

4回にも2点追加しましたが、差を詰められ、7回に4点とられて逆転されました。

鶴高の山地投手はこの試合、四死球が多かった。

内角をせめる投手のようですが、外角を中心とした組み立てでしたね。

そして内角をせめるという気合いが足りなかったのが四死球の多さに繋がったのかなと。

この四死球が無かったらもう少し楽な試合だったかも知れません。

その裏2転返して同点へ。

とられたらしっかり取り返すということが今日の勝利に繋がったのかと思います。

打線も1番から5番までのバッターが打つべきところでしっかり打てたのも非常に良かったです。

そして8回に1点とられ再び逆転。

6-7で迎えた9回裏。

2番からの攻撃であり、今日の打線の調子を考えると絶対逆転出来ると最後まで気合いを入れてみていました。

2番バッター四球で出塁。

本来であれば絶対に1点とらなければいけないところなので、送るべきなのですが、3番内ノ倉。

ヒッティングでした。

2塁打で無死2塁3塁。

そこで2年生で4番の小野を敬遠にして無死満塁。

それでも今日あたっている5番古川。

初球打ちでインフィールドフライで一死満塁に。

6番鈴木が四球で押しだしになり同点。

さらに一死満塁が続きます。

東京MXのアナウンサーが「無死満塁は以外と点が取れないんだよね」との発言。

ムカッときましたが、観戦継続。

7番途中出場の高田。

左中間へクリーンヒットでサヨナラ勝ち。

080724_2

めちゃくちゃ嬉しかったです!!

080724_1

山地投手の四死球が多く、負けそうな雰囲気もありました。

しかし打線が最後まで諦めずにサヨナラ勝ち。

080724_3

決勝戦は早稲田実業。

早稲田実業は8回まで0-2で日大三高に負けていたのですが、8回の表に2点とり同点。

9回に4点追加して6-2での勝利です。

試合結果(東京都高野連HPより)

ここまで来たら絶対に甲子園へ行って欲しい。

税理士の遠藤先生、エスエストラストの杉本社長夫妻、ケンコーの中山部長をはじめ結構鶴高関係者は多い。

遠藤先生と杉本社長とは喜びの電話をしました。

遠藤先生曰く「早実なら勝てるでしょう」

2年前の88回大会は、早実と準決勝で対戦。

秋季大会を含めそれまで2連勝していたのですが、サヨナラ負け。

非常に悔しかったです。

その雪辱を果たしたいです。

84回大会は前年全国制覇の日大三高を破り決勝進出して、甲子園へ行く気分でしたが決勝戦で桜美林高校のサイドスローの岡本投手を攻略できず2-4で準優勝。

「準」がつけば甲子園には行けません。

西東京119校のうち甲子園へ行けるのは1校のみ。

東東京大会を含めると263校のうち2チームしか行けません。

この残酷さが夢を与え、熱くさせて盛り上がるのです。

あと一回勝てば甲子園。

山地投手は臆することなく内角にボールを投げてもらいたいです。

打線は好調。

あとは山地投手の気合いです。

攻撃的な気持ちになれれば絶対に勝てる。

勝って、甲子園へ連れて行って!!

ここまで来たら絶対に甲子園へ行くぞ!!

頑張れ鶴高!!

気合いだ鶴高!!

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 異文化交流の大切さ | トップページ | 熱中する事の大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/22519009

この記事へのトラックバック一覧です: 西東京大会決勝進出:

» 怒-12 山崎拓議員の安倍晋三「犬の遠吠え」発言について [『春夏秋冬 喜怒哀楽』]
先月(6月)28日に、 自民党の山崎拓元幹事長が、安倍前首相の強硬路線を批判し、 《「犬の遠吠え的」なところがあった。向こう岸に乗り込んで、  小泉元首相のように、(金正日(キム・ジョンイル)総書記と)  交渉しないとだめだ」》 と強く批判しました。 他人を批判する時というのは、 『自分に弱点がある時、その弱点を隠すために、反って攻撃的になる。』 という話を聞いたことがあります。 そして、私の今までの経験からも、その説は外れていません。 山崎さんは何回か、北朝鮮と... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 23時52分

« 異文化交流の大切さ | トップページ | 熱中する事の大切さ »