« 18年の壁今越えた!! | トップページ | 事務所移転の契約完了 »

2008年7月27日 (日)

手作りのまつりから学ぶもの

人気ブログランキング(法学・法律)現在の順位はこちら
↓↓↓↓↓

Banner2

この週末は西八王子のまつりでした。

このまつりは今年で7回目を迎えるのですが、完全な市民祭というか、神社の祭禮とは関係ありません。

西八商栄会が中心となり企画運営しているようです。

土曜日は阿波踊り、日曜日はよさこいとなっているようです。

毎年子安神社の祭禮と八王子まつりの中間にあるので、中休みにと気軽に見学に行っています。

花火大会もこの日に開催されます。

080728001

八王子の花火大会には協賛しているので、市民球場に行けるのですが、花火はそこまで好きではないことと、遠くで観た方が良いということで毎年この辺から観ています。

080728001_2

阿波踊りには子安みとみ会の草薙会長が参加されており、観に行きました。

太鼓をたたいています。

阿波踊りの音楽は鉦がリードをするようです。

囃子はとんびですが、阿波踊りではとんびは鉦のペースにあわせるようです。

そうやって阿波踊りの音楽を聴いていると面白いです。

この西八まつりを観ていると、昔からのまつりと最近出来たまつりは別々にやった方が良いとつくづく思います。

八王子まつりは多賀神社と八幡八雲神社の祭禮が母体。

もともと神事なのですから、流行ものを取り入れるということはまつりの枠組みを壊してしまうということ。

八王子まつりも日曜日に「辻合わせ」というイベントをやるようになりました。

完全に観光イベントとしてのものですが、これは非常につまらない。

日曜日の夜が時間調整のためだけのまつりになってしまいました。

そもそも自分たちの氏子まつり。

氏子が楽しめなくてはいけません。

御輿と山車との関係ももう少し整理しないと、山車が進めないんです。

山車まつりというなら山車まつりにしないとと思いますが。。。

コンセプトもなく中途半端になっています。

西八まつりはまだ7回。

年々スタイルも完成されてきたような感がありますが、このようなまつりはまだコンセプトがしっかりしています。

西八まつりを観て、八王子まつりについてもう一度氏子まつりであるという原点に立ち、整理して行かなくてはならないと思います。

江戸中期から続く山車まつりは財産であり、隣接した他市にもこのような大きな山車まつりはありません。

これを守りながら、活かしていきたいものです。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 18年の壁今越えた!! | トップページ | 事務所移転の契約完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/22597613

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りのまつりから学ぶもの:

« 18年の壁今越えた!! | トップページ | 事務所移転の契約完了 »