« 新事務所のご報告 | トップページ | タツノコプロの世界展を観て感じたこと »

2008年8月23日 (土)

ナショナルトレーニングセンターの成果?

人気ブログランキング(法学・法律)
1日一回の
応援クリックお願い致します
↓↓↓↓↓

Banner2

北京オリンピックでソフトボールの金。

感動しました。

男子400メーターリレーでの銅も感動。

こんなにソフトボール観戦をした事はありません。

野球をやっているとたまにソフトボールに誘われます。

「人数足りないんだよ」と。

日曜の朝6時ぐらいに電話があって、「今日の8時からの試合なんだけど?」みたいな。。。

野球とソフトは別のスポーツと思わないといけません。

ソフトの練習をしない私は、絶対にバットの芯にあてないとボールが飛ばないんですね。

トスバッティングのつもりで臨んでいますが。

野球ではクリーンヒッターなんですが、野球の感覚でバットを振ってもヒットになりません。

そんなイメージのソフトボールでしたが、試合を真剣に観戦していると、本当に野球とは別物ですよね。

改めて思いました。

その後野球の試合を見るとほっとするような感覚もあり、投球の間も含めて違うんでしょうね。

勉強になったのは、叩きつけるバッティングで内野安打になるということ。

これだと芯で当てなくてもヒットを打てますから、へんなボールにも手を出せます。

しかし、ソフトボールで内野安打を狙った打ち方をしていては、野球の打撃フォームが崩れそう。

それが怖いです。

今回のオリンピックは、活躍が期待されていた競技でメダルが取れなかった反面、男子400メートルリレーやフェンシングといった競技でメダルが取れたり、メダルこそとれませんでしたが、バトミントンや女子サッカーの活躍。

一次予選敗退でしたが女子100メートルでのオリンピック出場など、幅広い競技でレベルが上がっているのだなと。

これは東京都北区にできたナショナルトレーニングセンターの影響もあると思います。

ナショナルトレーニングセンター

ナショナルトレーニングセンター設立にかけた思いをJOCの福田富昭ナショナルトレーニングセンター委員長が語っています。
日本のスポーツ界におけるNTCの意義と果たす役割

オリンピックのメダルの数は非常に気になります。

しかしこのナショナルトレーニングセンターの事を調べていくと、4年後のロンドン、8年後の東京!!へ向けて色々な競技で選手の強化を図っていけるのかと思い、北京五輪での陸上をはじめとする競技の活躍は非常に興味深かったです。

しかしながらこのナショナルトレーニングセンターは他国に比べて充実をしているとは言えません。

韓国よりも規模は小さいとのこと。

この設立はスタートであって、これを機にどの様に充実していくのかを考えていかないと日本の競技スポーツも発展していかないでしょうね。

練習環境の充実を国を挙げて進めていって貰いたいです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 新事務所のご報告 | トップページ | タツノコプロの世界展を観て感じたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/23208577

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナルトレーニングセンターの成果?:

« 新事務所のご報告 | トップページ | タツノコプロの世界展を観て感じたこと »