« 毎年終戦記念日に思うこと | トップページ | 今年の夏休み »

2008年8月17日 (日)

安全地帯から石を投げるな

人気ブログランキング(法学・法律)応援のクリックお願い致します
↓↓↓↓↓

Banner2

元NHKの手嶋龍一氏がセオリービジネス出来る人の「仕事の極意」に学ぶの中で以下のように述べられていました。

「ジャーナリズムがやせ細っていると思うのは、みんなが同じ方向に流れていること。公務員のタクシーチケットが良い例です。批判して当然だし『私は怒っています』という街の声を拾ってくるのもいい。ただ、100人が100人、いかがなものかと思っていることを、各社横並びで怒りの番組をつくることに意味があるとは思えない。ジャーナリズムはそんな安全地帯にいて石を投げるようなことをしてはいけない。工夫のない番組づくりを見ているとメディアのエネルギーレベルが落ちてきていると思っています。」と。(P42からP43)

私がとても共感した部分です。

「安全地帯から石を投げてはいけない」という言葉は特に。

ニュースを見ていて腹が立つのは「皆評論家」「皆他人事」「皆自分の価値観は正しい」と思ってコメントしているコメンテーターが多いのだと思う。

このことを手嶋氏は「安全地帯から石を投げるなと」表現されている。

メディアは権力であり、前にも述べたがメディアが「悪」と決めれば徹底的に叩くということが日本のマスメディアの傾向だと思うんです。

絶対的に全ての局面において強いというものは存在せず、逆に絶対的に全ての局面において弱いというものも存在しないというのが私の根本的な考え方です。

ですから例えばグッドウィルを全面的に悪と決めつけて、「派遣は悪」という報道をし続けるのはおかしい。

派遣で苦労した方もいれば、派遣で救われた方もいる。

しかしこれはバランスの良い報道がなされなければ一般国民には伝わらない。

「派遣は悪」との報道しかなされない。

履歴書が無くても、職歴が無くても働ける。

派遣をしながら履歴書がつくっていけるんですね。

水商売から、ニートから昼のしっかりとした仕事に就くのは大変ですが、友人も派遣を通じて上場会社で事務をしています。

これは派遣という就労形態によってその友人はメリットを受けたわけですね。

ここから先は本人のやる気次第。

資格を取り、セミナーに行き頑張っていますが、企業というカルチャーに接し、いい刺激を受けているようです。

このようなバランス感覚のない報道がなされ、識者と呼ばれる方、専門家と称する方もバランスを欠いた、マスコミの報道と同様に主張される。

公務員のタクシーチケットの問題でも、本当に必要な人まで自粛する必要はなく、国家のために一生懸命働いてくれている公務員には非常に迷惑な話ですよね。

社会には色々な価値観を持った人がいますが、確固たる価値観を持っていない人もいる。

その方達に安全地帯から石を投げるような報道は、世論のミスリードをしてしまうだけですね。

裁判員制度の時の報道はどうでしたか?

こんなに国民に負担がかかる制度だと報道がされていましたか?

人権擁護法案や永住外国人の地方参政権付与についてもマスコミはそのデメリットや危険性をしっかりと国民に説明していますか?

ニュース番組にも視聴率。

この視聴率がいけないんでしょうね。

人気ブログランキング
下記をクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 毎年終戦記念日に思うこと | トップページ | 今年の夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/23058749

この記事へのトラックバック一覧です: 安全地帯から石を投げるな:

» 転職 履歴書 の 書き方 [転職 するきに]
転職の履歴書の書き方を紹介したいと思います。転職の際にゃ履歴書は必ずいるなもんやか。履歴書は手書きで書くのが一般的で基本になっちゅうが。その時にゃ当たり前のことやけど誤字や脱字がないように注意して書かにゃぁいかんいかんちや。... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 22時38分

« 毎年終戦記念日に思うこと | トップページ | 今年の夏休み »