« ナショナルトレーニングセンターの成果? | トップページ | NPO法人運営に関する講演依頼 »

2008年8月24日 (日)

タツノコプロの世界展を観て感じたこと

人気ブログランキング(法学・法律)
1日一回の
応援クリックお願い致します
↓↓↓↓↓

Banner2

今日の東京地方は雨。

病み上がりの私と風邪気味の子供ということで、近場で美術館へ行って来ました。

八王子市八日町のビュータワーにある八王子夢美術館

「タツノコプロの世界展」をしていました。

080824

長男がヤッターマンが好きなので、連れてきたのです。

絵だからどうかなと思ったのですが、それなりに楽しんでくれました。

私の子供の頃もヤッターマンはやっていたのですが、最近はケーブルテレビで再放送され、そして新たに放送されているようです。

080824_1

最近のテレビはつまらない。

家に帰っても大河ドラマか日本の話芸のビデオしか見ません。

ニュースもテレビ東京のWBSのみ。

ガイアの夜明けとカンブリア宮殿はたまに観ます。

夜のニュースもコメンテーターの話が偏っていたり、プロレス中継だけやっていれば良かったというようなキャスターだったりと観る気がしません。

元NHKの手嶋氏いわく「安全地帯から石を投げる」報道番組ですね。

バラエティーもうるさいだけでね・・・。

視聴率を気にして良い番組づくりが出来ないんでしょうね。

テレビ離れが進んでしまうような気がします。

古今亭志ん朝がCDの「文七元結」のまくらでもう名人と呼ばれる人は出てこないといっていました。

自由な芸ということを勘違いしていると。

テレビはお金を払ってみませんから、観る人がつまらなくても文句は言わない。

お金を払って寄席に行くとか、映画館に行くとか、行動とお金が伴えばつまらなければ文句を言う。

この違いなんだと。

そして芸がつまらなくても生活は出来るが、道具をつくる職人は、その道具がしっかりしていないと生活に支障が出る。

こんなところからも芸人には今後名人は出てこないんだと話していました。

確かにテレビはつまらない。

薄っぺらい番組が多いです。

ヤッターマンが再放送され、そして平成版もつくられるということは、最近のテレビのコンテンツに視聴者が警笛を鳴らしているのかなと思いながら美術館を観てきました。

オリンピックも終わり、「観るテレビがない!」と思われている方も多いのでは?

そんな方は、ジムにいて体を鍛えましょう!!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« ナショナルトレーニングセンターの成果? | トップページ | NPO法人運営に関する講演依頼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/23214225

この記事へのトラックバック一覧です: タツノコプロの世界展を観て感じたこと:

« ナショナルトレーニングセンターの成果? | トップページ | NPO法人運営に関する講演依頼 »