« 経営者として社会保険労務士業を営める有利性 | トップページ | 20ブロック制す 秋季高校野球大会 »

2008年9月20日 (土)

平成20年度秋季高校野球鶴高ブロック決勝進出

人気ブログランキング(法学・法律)
1日一回の
応援クリックお願い致します
↓↓↓↓↓

Banner2

今日は事務作業の一日。

しかし12時30分より八王子市民球場にて我が母校日本大学鶴ヶ丘高等学校対都立第四商業高校の試合。

080920

秋季東京都高等学校野球大会一次予選です。

一次予選とは東京を24ブロックに分けて、くじ引きでブロックを決めそのブロック内でトーナメント戦をして勝ち残ったチームで本選を行うというもの。

第20ブロックで、試合場は八王子市民球場です。

9月6日都立赤羽戦12-2(6回コールド)、9月14日学芸大付属戦7-0(8回コールド)と勝ち上がり、今日は9-2(8回コールド)という成績でした。

前の2試合は祭りと重なったために今日初めて。

夏の甲子園出場後の新チーム初めての観戦です。

080920_5
↑甲子園で2年生4バッターとして活躍した小野選手。今年も四番です。ガンガン打って貰いたいです!!

080920_2
↑校旗

応援部がないので野球部の控え選手が旗を守っています。

080920_3
↑今年のスローガン?当たって砕いて欲しいです!

080920_4

試合は5回に2点とられました。

この2点は、投手の頭を越えた、高いゴロの処理ミスと、ピッチャーゴロの捕球エラーで出たランナーが生還。

守備を制するものが夏を制す。萩生田監督の言葉ですが、90回選手権西東京大会で通算3失策だったのを考えると、まだまだだなと感じた試合でした。

送りバントの処理も、送球がそれてセーフというようなミスも。

走塁についても無謀な走塁がありました。

しかし送りバントはしっかりとでき、スクイズも2回決めました。

バントを重視する萩生田監督の指導の成果かと。

080920001

明日も試合なので、エースピッチャーではなかった事もありますが、ピッチャーがバテていました。

エラーがなければ7回コールドでしたからきつかったでしょう。

最終回8回裏に都立4商が1死2塁の場面で、2塁走者が鶴高のショートに対して守備妨害。

ショートは一塁に投げ、打者走者にアウトの判定が出たので、試合終了と思い整列のために両軍ベンチから出ましたが、守備妨害の時点でボールデット。

なので打者走者がアウトにはなりません。

勘違いでしたが、緊張の糸が切れることなく最後の打者を内野ゴロに打ち取り試合終了。

明日は10時より八王子高校でブロック決勝。

勝てば本戦トーナメント進出。

相手は西東京大会で準優勝の経験がある八王子高校。

今日のようにはいきません。

しっかりと守り、しっかりと打って勝って貰いたいです。

このチームが来年の夏までにどこまで成長するのか楽しみです。

母校の試合を観て楽しめる事は非常に幸せです!!

頑張れ鶴高!!

080920_7

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 経営者として社会保険労務士業を営める有利性 | トップページ | 20ブロック制す 秋季高校野球大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/23882154

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年度秋季高校野球鶴高ブロック決勝進出:

« 経営者として社会保険労務士業を営める有利性 | トップページ | 20ブロック制す 秋季高校野球大会 »