« 公的年金の政策的意義から見た不動産投資の有用性 | トップページ | JISとISO »

2008年9月16日 (火)

平成20年日野八坂神社祭禮最終日

人気ブログランキング(法学・法律)
1日一回の
応援クリックお願い致します
↓↓↓↓↓

Banner2

昨日は、日野八坂神社の祭禮最終日でした。

神輿のパレードです。

私は神輿を担ぎませんので、囃子のみです。

080916

おおかんを柱にくくりつける際に下から支えるのは大変です。

岩崎さんご苦労様です。

080916_4

日野仲町会館。

八坂神社の御祭神である素戔嗚尊の掛け軸があります。

そして懐かしいポスターも。

080916_3

神輿がパレード会場へ運ばれていきます。

080916_2

080916_6

子供も集まり始めパレード会場へ出発です。

080916_8

綱の先頭は馬場日野市長です。

地元の祭りを先頭を切って仕切っています。

腰の低い方です。

080916_7

山車を曳いてパレード会場へ。

7月の子安神社祭禮から始まった祭りシ-ズンのフィナーレ。

気分が高鳴り出発します。

080916_9

パレード会場は日野駅のガード下。旧甲州街道の大坂上から一本中に入った通りです。

交通規制が始まっていました。

080916_10

30分ほど待機時間が出来たので、八坂神社へ。

八坂神社の宮神輿。

今年1100万円をかけて修復したそうです。

080916_12

080916_13

080916_11

脇道に神輿が待機しています。

一番東端に仲町の山車があります。

囃子連は3団体参加しており、西端、東端、中央と分かれています。

080916_14

道を清める為に大太鼓が通り、その後始まります。

080916_15

パレードの様子ですが、忙しくて写真が撮れませんでした。

去年のブログで詳しくご紹介してますので、こちらもご覧下さい。

平成19年八坂神社祭禮最終日

写真が撮れないということは忙しかったということ。

今年もたっぷりと楽しませて頂きました。

無事に町内まで帰り、なおらいも終わり八坂神社の祭禮は終了。

7月から始まった神社の祭禮シーズンも終わりです。

2ヶ月の一区切りと言うことで、5名で軽く打ち上げ。

私が運転手ということで行ってきもお酒が飲めなかったので、八王子へ戻って一杯付き合ってくださいました。

皆さん有り難うございました。

今年はみとみ会50周年、日吉町山車修復とイベントが多かったのですが、はやり神社の祭禮、夏の暑い中、半纏を着てやる祭りは最高です。

みとみ会の50周年の際にご縁で顔を覚えて頂いた方が、昨日も顔を覚えていてくださり、ご挨拶出来たことが嬉しかったです。

祭りをやるということは、囃子の技術の伝承もさることながら、人脈をしっかりと引き継いでいかなければならないと勉強をさせて頂きました。

仕事の面でもそうですが、私のまわりには色々と親切にご指導頂ける諸先輩方が多く、非常に恵まれていると思っています。

仕事もまつりも色々な方のお陰で充実しているということを再確認した三連休でありました。

次は10月25日、26日に子安市民センターまつりで囃子です。

しっかりと努めたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 公的年金の政策的意義から見た不動産投資の有用性 | トップページ | JISとISO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/23785496

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年日野八坂神社祭禮最終日:

« 公的年金の政策的意義から見た不動産投資の有用性 | トップページ | JISとISO »