« チームプレーで問題解決 | トップページ | 外交政策こそ内政の基本 »

2008年9月26日 (金)

現役の働く母親が少子化担当大臣に

人気ブログランキング(法学・法律)
1日一回の
応援クリックお願い致します
↓↓↓↓↓

Banner2

今日はエスエストラストの杉本社長と榛葉部長と一緒にクライアントへ訪問。

私の車で行きましたが、車内は今日買った「ブラバン甲子園55」。

杉本社長とは鶴高の先輩後輩。

ブラバン!甲子園よりぬきベスト55 ブラバン!甲子園よりぬきベスト55

アーティスト:東京佼成ウインドオーケストラ
販売元:USMジャパン
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

過去の3枚よりも完成度は高くテンションが上がります。

杉本社長「こんなの誰が買うの?」

私「俺」

杉本社長「うれてんの?」

私「マニアには」

杉本社長「じゃあ、マニアじゃん」

そうです私はマニアです。

スタンドで応援している雰囲気が蘇ってきます。

囃子同様テンション上がります。

私の車にはブラバン甲子園シリーズと落語、囃子しかありません。

気の利いた音楽はありません。

榛葉部長が「同じ高校なのに全然違うんですね」と。

私がマニアなだけです!

杉本社長も私に追いついてきてください!

麻生内閣の少子化担当大臣に小渕代議士。

年齢が同じです。

子育てをするにあたり何が必要なのかは私達の世代にしか分かりません。

私の事務所には子育てをしながら働いている職員がたくさんいます。

何度もこのブログで書きましたが、出産後すぐに職場に戻れるという安心感の提供が必要です。

待機児ゼロは非常に難しい政策です。

どこにキャパを合わせるかという問題もあり、出産が多い年とそうではない年との違いがある。

しかし、公立保育園で0歳児保育を行っていないところもあります。

幼児一人あたりの床面積が決まっているので、0歳児保育を始めようとしたら増築から始まります。

公立保育園でもまだまだ0歳児保育が行われていないところもあるのですから、この点は改善して欲しいですね。

また子供が病気になったときには保育園に預けられません。

子供が病気になっても預けられる施設がなければ働けません。

職種や収入によりニーズは様々ですが、上記2点はどの様な場合でも重要だと思います。

そして何より、子供を他人に預けて働くということが母親達には精神的に負担になります。

何とか仕事と育児を両立し、子供に専業主婦と同じような愛情を注ぎたい。

こんな精神状態です。

小渕大臣にはこの精神状態がよく分かっているでしょうから、それを踏まえた対策が出来るでしょう。

大臣自身が思いっきり働けるような環境整備が、少子化対策にも繋がるのではと思います。

現役の働くお母さんが少子化担当大臣になったわけですから、思ったままの政策を立案して欲しいと思います。

麻生内閣全体の評価は別にして小渕大臣には頑張ってもらいたいです。

一言言えば、親中派の二階経済産業大臣留任はがっかりです。

中川昭一財務大臣に経済産業大臣になって東シナ海の資源開発を中国に遠慮せずに行って欲しかったです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« チームプレーで問題解決 | トップページ | 外交政策こそ内政の基本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/24042459

この記事へのトラックバック一覧です: 現役の働く母親が少子化担当大臣に:

« チームプレーで問題解決 | トップページ | 外交政策こそ内政の基本 »