« 帝国データバンクの支店長の話しを聞いて | トップページ | 八王子竜楽会役員会 »

2008年10月 7日 (火)

NPOの労務管理についてのセミナー第一回

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日はNPO法人向けのセミナー講師。

081007

ホワイトボードに「囃子」と書いてありますが、決して囃子の話をしているのではなく、囃子連という団体とNPOを重ねてボランティアと労働者の違いからお話ししました。

そして労働者の定義をしっかりと確認をして頂いた後、労働三法と労働三権の考え方をお話ししました。

これはNPOに参画される迄は経営者としてのポジションにいた方が少なく、労働者としてのポジションにいた方が多かったので、労働基準法をはじめ労働法の条文や通達、そして判例についてどのように考えていくべきかということを問題提起しました。

法律というとしっかりとしたルールの様に思われがちですが、色々な解釈が出来ます。

同じ条文でも、経営者側に有利な解釈も出来ますし、労働者側に有利な解釈も出来ます。

判例も然りです。

法律とは解釈するものの意志により違ってくるのです。

特に通達や判例にはその傾向が強いのです。

色々な学説が展開されていることがその証左と言えます。

ですからNPO法人を設立して、組織の責任者若しくはそれに準じる立場になる方については経営者としての自覚を持って欲しいということをお伝えしました。

労働時間法制、賃金法制について解説して一回目は終了しました。

来月は、労使紛争の発生のメカニズムと防止する為の方法についてお話しする予定です。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 帝国データバンクの支店長の話しを聞いて | トップページ | 八王子竜楽会役員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/24335814

この記事へのトラックバック一覧です: NPOの労務管理についてのセミナー第一回:

« 帝国データバンクの支店長の話しを聞いて | トップページ | 八王子竜楽会役員会 »