« 物は壊れる | トップページ | 起訴猶予を不起訴と見出しをつける恣意的報道 »

2008年10月15日 (水)

ASP勤怠システムの運用開始

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日はASPを使った勤怠システムの導入について、エムケイシステムの久課長と私の事務所の中田主任、永田とともにクライアントへ訪問。

ほぼ1日仕事でしたが、運用にこぎつけました。

目の前が公園なので、足を運ぶと新郎新婦が写真撮影をしていました。

Nec_0019

どうぞお幸せに!

このASP勤怠システムについてはかなり協力しました。

東京都社会保険労務士会会報に「労働時間について」というテーマで連載をしていますが、視点は以下に経営者にわかりやすく労働時間管理制度を提案するかという内容。

この「わかりやすく説明する」ということは知識があるだけではできません。

議論を重ね、色々な経験を通じて、制度の本質を感じるんですね。

理解するということはあまり適切な表現ではなく、感覚で感じるのです。

この感覚を文字にしているのですが、この原稿を執筆するにあたりメルマガを長年執筆しているのであまり苦労をしません。

そしてこれは執筆だけではなく勤怠システムの構築にも役立ちます。

労働時間管理制度を「わかりやすく説明する」ことと「使いやすい勤怠システムのプログラムの構築」は同義であると思いました。

制度の本質的理解がないと、勤怠システムもいいものが作れません。

また変形労働時間制度を導入した結果、勤怠集計が煩雑になるということもあります。

私が提案した変形労働時間制度が、担当者の負担増にならないように、むしろ負担が減らせるように勤怠集計システムの開発を手伝いました。

良いシステムができました。

ASPの勤怠システムについてご興味のある方はご連絡下さい。

リーズナブルで使いやすいシステムをご提案します。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 物は壊れる | トップページ | 起訴猶予を不起訴と見出しをつける恣意的報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/24523330

この記事へのトラックバック一覧です: ASP勤怠システムの運用開始:

« 物は壊れる | トップページ | 起訴猶予を不起訴と見出しをつける恣意的報道 »