« 知識と経験の融合のやり方 | トップページ | 八幡囃子連反省会 inなか安 »

2008年10月18日 (土)

ゆとりあるセカンドライフセミナー 岡三証券

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

今日は朝10時より京王プラザホテル八王子にて岡三証券主催の「ゆとりあるセカンドライフセミナー」で講演をしてきました。

081018

去年に引き続き講師を拝命しました。

内容としてはまず公的年金の政策的意義を話しました。

「老齢」「障害」「死亡」という保険事故の共通的な事由として所得減少というものがあり、それらの保険事故が発生しても生活保護にならないように安全網としての公的年金の位置づけであるということ。

そそて生活保護費の現状を八王子市の平成18年の生活保護費と土木費を比較してお話ししました。

賦課方式とは自転車操業であるということを前提として現状の年金制度がどの様な問題点を抱えているのかを把握していただきました。

あとは間違いやすい点を解説し、医療保険についても話しました。

後期高齢者医療制度とはどの様な目的で導入されたのか。

財政的な数字を具体的に示すと納得される方が多く、政府の説明不足がこの制度の誤解を招いているということを痛感しました。

最後に混合医療についてお話をして終了。

老後はやはりお金は必要ですねという結論になりましたが。

プレジデントに面白い言葉がありました。

「もっとお金が欲しいと思っているのに、数十万円もする液晶テレビを買ってないか?玄関を見てみると家族の人数より多い傘があるではないか?」という言葉。

無駄使いしているのに気づいていないという趣旨のことでした。

本質ですね。

アンケートでも非常に高評だったようです。

お役に立ててよかったです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« 知識と経験の融合のやり方 | トップページ | 八幡囃子連反省会 inなか安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆとりあるセカンドライフセミナー 岡三証券:

« 知識と経験の融合のやり方 | トップページ | 八幡囃子連反省会 inなか安 »