« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

就業規則.com

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

昨日は子安みとみ会囃子連の忘年会。

その前日11月28日金曜日に、クライアントのデイサービスの会社の忘年会が今年最初の忘年会。

忘年会シーズンの突入しましたね。

昨日のみとみ会の忘年会は、八王子市南町の鮨忠にて。

今年はみとみ会50周年の年なので、忘年会は寿司屋でということでの企画です。

写真を撮るのを忘れてしまい、2次会の店で出された乾パン。

081130_1

美味しかったです。

カロリー高そうでしたね。

災害対策用の乾パンですが、災害対策については行政にも限界があるので、各家庭で最低限の対策はしておく必要がありますね。

今年の囃子関係のイベントは12月の日吉囃子連の練習と忘年会。

2つ残っているので囃子を振り返るには早いですが、みとみ会に関しては50周年の記念イベントや底抜け屋台のお披露目と目白押しでした。

新年早々、1月2日10時より15時まで京王八王子駅前にある子安神社で新春の奉納囃子が囃子の叩きはじめになりそうです。

お時間のある方は見に来てください。

さてこの度、山本経営労務事務所のサテライトサイトである「就業規則.com」が完成しました。

就業規則.com

就業規則、労働時間管理、賃金制度に特化したサイトです。

今回のこのサイトは半年近く時間をかけて取り組んだものです。

フリーセルの藤井部長のコンサルティングを受けて作成しました。

藤井部長のブログ

コンサルティングをする立場から、webコンサルティングを受ける立場になり非常に勉強になりました。

「成功体験」や「思いこみ」がどれだけ視野を狭くしているか。

またコンサルティングを受けることによって、フリーセルに満足する点、不満な点が見えてきて、自分のコンサルティングに役立てることが出来ると思いました。

藤井部長とはサイトのコンセプトについて激論を交わしたこともありますが、その結果できた信頼関係もあります。

自分の立場と重ね合わせて、サイトのコンサルティングだけではなく、私自身が貴重な経験をさせて頂きました。

サイト完成は出発点で、これから様々なコンサルティングを受けながらプロジェクトを進めていきます。

色々な刺激を受けたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

たかがストロー されどストロー

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日のランチ。

このストローはもったいない気がします。

081128

このストローがなくなったらどれだけ環境の負荷が減ることでしょうか。

ふと考えてしまいました。

コスト削減というキーワードでまわりを見渡してみると、この様な“必要なのか”というものが結構あります。

我々の生活スタイルを変えないが為に発生するコストは大きいのです。

地球環境を考えて、節電することも大切なのでしょうが、ストローのような“もの”も考えていかなければなりません。

アイスコーヒーを飲むのにコーヒーの価格に占めるストローの割合はどの程度なのか。

限られた資源の中から、何が必要で、何を捨てるのかを考えなければなりません。

特に日本は外交においては戦略性がなく、中韓に対する弱気な態度から、独自の資源外交が展開されておらず、中長期的な課題としてエネルギー資源や食糧資源の確保をどの様にしていくのかが問題です。

全世界的に不足する資源ですから、高いお金を出せば手に入れられるというものでもありません。

国会が機能停止している現状を見ると、日本国民として“資源を有効に使う”ということをしていかなければ、将来困るなと思った次第です。

我が国が戦略性を持って資源外交が出来る日を心待ちにしています。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

独善的な方

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

先日ロータリーで講演をして頂いた読売新聞八王子支局長。

081117_7

マスコミの方は自分の価値観が絶対に正しいと思っているのでしょうね。

マスコミが政治のチェック機関として有効に機能するためには、マスコミが“思いこみ”や“結論ありきの報道姿勢”を排除しなければなりません。

“市長が悪い”“八王子の自民党が悪い”とだけ述べていれば、それは野党の政治活動の片棒を担いでいるにすぎません。

むしろ八王子においては、反市長勢力との政争に読売新聞が当事者として、反市長派の片棒を担いでいると言っても過言ではありません。

小さな町の町議会議長を過去に辞職に追い込んだ経歴の方のようですが、市長を退陣させることを記者としての自らの“手柄”として考えることは適切ではありません。

健全なマスコミは必要ですが、独善的な方は世論をミスリードしてしまいます。

マスコミという権力が“結論ありき”の報道をやめれば、日本はもっと良くなるでしょう。

私はそう思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月26日 (水)

F-1のギアを作る会社

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は八王子法人会青年部会の研修事業で、企業探訪として株式会社内野製作所にお邪魔しました。

081126_4
↑お話をしてくださっているのが内野社長様

この内野製作所はF-1のホンダのギアを作っている企業。

内野製作所ホームページ

歯車が出来る行程を見せて頂きました。

まず形を作り、熱を加え、研磨する。

この作業です。

歯車製作の技術はドイツやスイスが高いそうです。

理由としてはアウトバーンの存在。

200kmで走る車社会。

日本とは比較にならないほど歯車に負担が掛かり、昔から最終工程の「研磨」をしていたそうです。

詳細はお話ししては行けないことになっているのでお話は出来ませんが、歯車の仕組みを拝見でき面白かったです。

写真撮影も出来ませんでした。

職業柄、安全衛生に目がいってしまうのですが、通行路は赤くペイントされており、通行路上に物は置かれておらず、整理整頓されたいい職場だと思いました。

設備投資の額は物凄い金額であろう事が容易に想像できました。

プログラムを組み機械を動かす場合と手の感覚で機械を動かし製作する場合があり、多額の設備投資をしながら人材育成も重要な産業であり、もの作りの難しさを改めて感じさせられました。

歯車の試作では、日本でもトップクラスであり、トータルで出来る企業は内野製作所だけだとのこと。

社員研修をしながら莫大な設備投資をする。

製造業のリスクはとても大きい物ですね。

日本で一番発言力がなく、弱い存在は実は中小企業の社長だろうなと思いました。

付加価値の高い企業は生き残れるなと思いました。

自社の付加価値とは何かをしっかりと見つめ直し、人材育成と設備投資について考える機会が出来ました。

また、内野製作所とホンダとの出会いは、先代の社長が海外旅行中に、ホンダの社員の方がおなかを壊したのでお湯とうどんを上げたことから交流が出来たと。

他の企業については、展示会等に積極的に参加して取引が始まったとのこと。

やはり人との出会いは大切ですね。

忘年会シーズン、いい出会いを求めて積極的に動こうと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

短時間で成果を出す方法

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

久々に八王子市にあるうかい亭へ。

Dscf0569

うかい亭は大人数で行くには不便ですね。

隣の人としか話せません。

先日買った本。

甲子園強豪野球部練習カルテ 2―上手くなる!強くなる!甲子園球児の最強トレーニング法 (2) (OAK MOOK 249) 甲子園強豪野球部練習カルテ 2―上手くなる!強くなる!甲子園球児の最強トレーニング法 (2) (OAK MOOK 249)

販売元:オークラ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何故買ったかというと母校が出ていたから。

母校の日大鶴ヶ丘は杉並区の住宅街の中にあり、グランドも狭いです。

グランドは野球部の他に、サッカー部やアメフト部、ラグビー部などが使っています。

この狭いグランドで私が在籍していた平成2年は野球部が甲子園、アメフト部が全国優勝と、グランドの狭さは弱点にはならないというようなパワーがありました。

現在のアメフト部はよく分りませんが、野球部は今年甲子園出場。

狭いグランドで、学校の方針として19時完全下校という環境の中で何故甲子園に行けたのか。

まず限られた練習なので、アップは朝練で行う。

午後の練習はアップから始めないとのこと。

キャッチボールもやらないんです。

監督曰く、「朝自分で時間をつくる」という行為が重要なのだと。

「全体練習は確認の場であること」

「練習の目的を明確にしておくこと」

「8球でのフリーバッティング」等々。

だらだら練習しない。

惰性で練習しない。

短時間で成果が出るように目的を持って、集中力を高めて練習をするということ。

また練習時間は15分を単位に考えているようで、これはテレビのコマーシャルの影響だそうです。

このコマーシャルの影響で、現代の子供の集中力は15分を単位として考えることが良い結果になるというデータもあるようです。

かかれていることが全て共感できたわけではありませんが、少なくとも「目的をはっきりと明確にして練習を行うこと」「長時間ではなく、短く集中力を高めて練習を行うこと」は非常に参考になりました。

下手なビジネス書より参考になるところが多いです。

早速私の事務所にも取り入れて、「何故これをやっているのか」「何故今これを任せるのか」を明確にしたいと思います。

受験勉強もしかりですね。

「下手な鉄砲数うちゃ当たる」的な練習は本番では役に立たないでしょう。

また「全体練習は確認の場」という事は囃子にも言えることで、家で練習しなければ上手くなりませんね。

仕事も勉強も同じですが。

皆さんもご参考までに読んでみてはいかがですか?

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

いちょう祭り

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

一昨日と昨日は八王子市の追分町から小仏関所まで甲州街道の間でいちょう祭りというイベントが開催されていました。

081124_8

見事ないちょうの景色と人の足につぶされた銀杏のにおい。

去年から千人町一丁目囃子連の荒井会長のご厚意によりお邪魔をしています。

081124_3

トヨペット千人町店の前でお囃子。

寒かったです。

081124_1

トヨペットの着ぐるみを着て踊っています。

中に入っているのは当然囃子連のメンバーです。

動きにくい着ぐるみで手の動きはしっかりとしていました。

来年はこれで狸をやろう。

081124_11

ブログをリンクしている千人町一丁目囃子連の荒井会長。

自家製の鳶を持ってきていました。

私も吹かせて頂きましたが、良い感じです。

私は5本調子を使っているのですが、上の3つの穴は6本調子、下の3つの穴は7本調子という設定のようですが、面白い音でした。

そして3本調子の笛を吹かせてもらいました。

オオカンのばちをもう少し太くしたようなものですが、音は思った以上に高く面白かったのですが、手が届きません。

穴と穴の間隔が広く、5本調子の間隔では全ての穴を塞げません。

081124_10

吹きながら調整をしていました。

荒井さんのブログ

寒かったですが、このいちょう祭りが終わると師走へ突入です。

あっという間に年が明けるんでしょうね。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ゼロか100か

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

新規オープンした店の、焼酎の割ものであるお茶入れ。

小は2杯しかつくれません。

大はビールのピッチャー。

081124_12

ゼロか100か。

程よい加減が良いものですが。。。

誰かアドバイスしてあげなよ。。。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

甲子園の記念品

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

母校から郵便物が。

母校日本大学鶴ヶ丘高校が今年甲子園に出場した際に、寄付をした礼状と記念品。

081122
↑記念誌

18年前のもあります。

18年前の地方大会はコールドが適用されない決勝戦を除き、全試合コールド勝ち。

そして甲子園でも準々決勝敗退のベスト8。

なので地方大会6試合、甲子園3試合とたくさんの試合が振り返ることが出来ましたが、今回は地方大会6試合、甲子園1試合。

甲子園でのボリュームが少ない。

少々寂しい構成でしたが、宝物がまた一つ増えました。

そして図書カード。

081122_1

081122_2

18年前はテレフォンカードでした。

礼状も同封。

081122_4

081122_3

私にとっては全てが宝物。

来年もこの宝物がまた増えますように!!

がんばれ鶴高!!

そして鶴高の後輩であるエスエストラストの杉本社長。

次回は寄付しましょう!!

ちなみに甲子園出場記念のペナントをあげたので、社長室に飾ってあります。

行った方はご覧あれ!

何はともあれ、がんばれ鶴高!!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

手帳

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

私の今の手帳です。

東京都社会保険労務士会が作っている手帳。

スケジュールが細かく記載できません。

左がスケジュールで、右がtodoリスト。

スケジュール欄に何の打ち合わせか記入できず、右側がいつもいっぱいで記入できません。

それ故に新しい手帳を来年から使うべく検討をしてきましたが、陰山手帳に決定。

081121_1

左のスケジュール欄が縦書きで余裕があり、アポイントの内容もしっかりと書き込めます。

また右側のメモ欄もTODOリスト以外にも使用でき、有効活用できそうです。

12月から使えますので、早速12月から使ってみようと思います。

業務管理が今まで以上に出来ると良いんですが。

試行錯誤の連続です。

皆さんはもう手帳を決めましたか?

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

組織の階層化に必要なこと

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

八王子市にある道の駅で食べた水餃子。

美味しかったです。

081104_10

組織の階層化について。

小規模組織から拡大していく過程において、社長直属の部下を減らす作業、いわゆる権限委譲が必要になってきます。

この方法についてですが管理職とはどの様な仕事をするのでしょう。

部下の管理をして数字の管理をして・・・。

いろいろあります。

この管理職という仕事。

これは専門職です。

中小企業の多くの管理職はプレイングマネージャーであり、この事は社長もしかりです。

営業や製造の仕事を新人がいきなり出来ないように、管理職もいきなり出来ません。

その為に、教育訓練組織としてのピラミッドをつくっていく必要があります。

権限委譲において大切なのは、委譲される側の能力をしっかりと把握することです。

いきなり権限を委譲したのでは上手くいきません。

日々のオペレーションの責任者として、まずはオペレーションについてしっかりとマネジメントが出来るようになることが必要です。

中小企業においては、良くも悪くもワンマンの社長が多く、それ故に経営が上手くいっている企業が多いです。

メガバンクで出世コースにのっている友人がいますが「大企業だって社長はワンマンだよ」と話していました。

ワンマンが同じだとすれば、社長の顔が見える規模かどうかの問題です。

中小企業が大企業と同じようなビジネスのやり方をしても勝てません。

中小企業だからこそ出来るビジネスモデルがあるのです。

「社長の顔が見える」「社長はプレイングマネージャー」「管理職の頭越しに相談がくる」等々。

これは悪いことではありません。

それによって組織に活力を与え、来るべき「社長の顔が見えにくい規模」に備えて“背中”を見せていくことが重要なのではと思います。

社長自身もステージがあります。

全ての社長が幕僚長と同じ動きをしていて言い訳ではありません。

班長から始まって小隊長、中隊長、連隊長、師団長と社長自身も組織のステージに合わせて出世していくというイメージがわかりやすいと思います。

ですから社長が自分の今のポジションは何か。

班長なのか連隊長なのか。

これによって何を権限委譲すればいいのか決まってきます。

社長自身のポジショニングを把握することが非常に重要であると考えます。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

今年最後の社内研修の講師

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

昨日はとある会社の社内研修。

変形労働時間制のシフトの組み方や振り替えについてお話ししました。

081118_1

変形労働時間制の導入にあたり、運用上成功するかどうかを大きく左右するのはシフトを組む権限のある方への教育と、所属長の教育です。

そのような意味で非常によかったと思います。

研修では、1か月単位の変形労働時間制と1年単位の変形労働時間制の違いを比較しながら話、両制度の運用上の注意点を話しました。

またシフトをしっかりと組んでいかないとまずいわけですからこの点もお話ししました。

社内研修を含めて、年内最後の講師です。

年末へ向けあとは全力で業務を取り組んでいきます。

今日はこの時間まで仕事。

今週は夜の予定が少ないので仕事がはかどります。

やろうと思っていたことが出来るのはうれしい限りです。

そしてインフルエンザの予防接種も打ってきました。

インフルエンザの申込書は、アレルギー反応等の悪いことばかり書いてあるので不安になりますよね。

予防接種の副作用は今年もでなそうです。

鳥インフルエンザの対策が我が国では大変に遅れているようですが、国には早急に対策をしてもらいたいですが、そうはいっても遅れているのだから自分で守るしかありません。

手洗いとうがいをしっかりして、規則正しい生活をおくって自己免疫力を高めることが大事だそうです。

皆さんも気をつけてください。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

オーナーズクラブで講演

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

昨日は経営者研究会オーナーズクラブで講演でした。

081118

テーマは「問題社員の対処方法」。

なぜ問題社員が発生するのか。

発生するプロセスをお話ししました。

社員からの法的権利の主張がなされた場合、その主張自体を解決すれば全てが解決されるというわけではありません。

必ず原因となる問題があるのです。

カチンとくる上司からの一言であったり、仕事の分担であったり、最初は些細な事なのですが、その積み重ねで法的な権利の主張へと発展していくケースが多い。

ですからこの原因を解決しなければ全ての解決にはつながりません。

そして賃金の決定方法について、残業手当や社会保険料が支払えない理由は「予算化されていない」の一言に尽きます。

その為の賃金の決定方法をお話ししました。

そして定額残業についても。

定額残業をマイナスととらえる向きがありますが、ルーズな勤怠管理をしている企業であれば積極的に取り入れるべきだと考えています。

理由は一つ。

ルーズな勤怠管理は直せないから。

例えばたばこを一本吸うのに10分。

1日6本吸えば60分。

トイレに行っても同僚と談笑。

勤務中のコーヒーブレイク。

これらの行為を禁止するとどんな職場になるのでしょうか。

息苦しいですよね。

これらの行為は、従業員一人一人のペースで仕事が出来、結果として業務効率が上がる可能性がある。

たま、これらの行為を全面禁止することは現実的に難しい。

では労使ともに厳格な勤怠管理を行わないが、1日30分や1時間程度の定額残業を組み込んで、その程度の時間は各々で調整して気分転換してくださいという趣旨です。

定額残業をもうけずに賃金体系を考えてしまうと「タイムイズマネー」の考え方になってしまい、所定労働時間の効率を向上させるために今までの仕事のやり方を大きく改善しなければならないこととなります。

この点は、従業員サイドも嫌がる傾向にあり、結果として定額残業に落ち着きます。

この定額残業導入に関する、ある労働組合との交渉のやりとりもお話しし、やり方によっては従業員の反発はなく進められることをご紹介しました。

また定額残業について役職手当への応用の方法や何故役職手当を設けるべきなのかを判例を交えてお話ししました。

その後の懇親会でもたくさんの方にご質問いただき、3次会、4次会でも質問をいただきました。

下の写真は懇親会の芸者さんの様子。

081118_3

4次会で泡盛をシコタマいただきましたが、元気に活動をしました。

この講演をもって平成20年の講演は終わりです。

今年も色々な方と講演を通じてお会いしました。

来週の土曜日は今年最初の忘年会です。

あっという間に年が明けるでしょう。

やるべき事をしっかりやらねば。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

二の酉

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

今日は二の酉です。

八王子駅前にある市守大鳥神社へ。

朝10時に行ったのですが、その後の予定の関係で、松浦マネージャーと榎本の3人で行きました。

081117_1

神社の参道には熊手屋さんが並んでいます。

081117_2

去年の熊手を神社に返して新しいものを購入。

081117
↑去年の熊手

081117_6

拝殿の横にあるので、納めて、そしてお参りをしてから購入します。

午前中は空いていましたが、周辺の駐車場はどこもいっぱいで駐車に苦労をしました。

081117_5

去年と同じ店で買いました。

ちゃんと御札が用意してあるんですね。

081117_3
↑ちゃんと「山本経営労務事務所」と書いてあります。

皆様のお役に立てることが商売繁盛につながると思い、元気に皆様のお役にたてるように神社にお祈りしてきました。

来年のお酉様にも、景気よく熊手が買えるように一年間頑張っていきたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

税の作文表彰式

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

先週の金曜日14日に、八王子市のいちょうホールにて小中学生による税の標語、作文の表彰式がありました。

八王子納税貯蓄組合連合会会長の挨拶
081115_5

黒須隆一八王子市長の挨拶
081115_2

市長は、市長賞の作文の中に「税金で私たちの教科書が購入されているということは、私たちが将来を期待されているということだ」とあったと話していました。

この様なことを考えてくれる機会という意味でこのイベントは意義があると思いました。

小学校に租税教育の見学に行きましたし、租税教育を実施する講師の研修を受けました。

国税庁がつくった租税教育のプログラムは非常に良くできており、大人でも勉強になります。

税金の大切さを知ることで、政治の成熟にもつながって貰いたいですね。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月15日 (土)

初めての七五三

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

今日は長男の七五三でした。

親として初めての七五三。

私が着た紋付き袴を長男も着ての七五三。

京王八王子にある子安神社へ。

081115_3

混んでいると思いきや、皆さん日にちをづらしたのか空いていました。

拝殿では長男は大人しくしていたので助かりました。

長男の健やかな成長を祈ってきました。

一万円以上の祈祷料だとおもちゃがついているようで、神社の商業的運営に違和感を感じつつも、しっかりとおもちゃを貰って帰ってきました。

その後、家族でなか安へ。

081115_4
↑なか安の宮崎常務です。

ロータリーとオーナーズクラブが一緒です。

宮崎常務曰く「宴会を是非お願いします」と。

なか安ホームページ

月曜日は昼飯も夕飯も一緒です。

個人的にもお祝いを頂戴いたしまして有り難うございました。

着付けは妹にやって貰ったのですが、着付けから神社、写真屋さん、なか安と今日だけでも色々な方に助けていただき七五三が無事執り行うことができました。

人間は一人で生きていくことができません。

たくさんの仲間ができ、その仲間とともに健やかで幸せな人生を歩んでくれることを親として心より思っています。

親としても思い出に残る1日でした。

来年は長女の3歳の七五三です。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

派遣社員と競合しているのは誰?

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日朝、聖蹟桜ヶ丘を歩いていると地井武雄が・・・。

081114

一番先頭で帽子をかぶっているのが本人です。

「ちい散歩」という番組のようで、深夜か昼時か忘れましたが観たことがある気がします。

明日はメルマガ発行日です。

今回のテーマは「成果主義的賃金制度の問題点と対応策」です。

まだ購読登録されていない方は右上から登録してください!

昨日、外国人の経営者の方と飲みました。

イスラム圏の方です。

ものの考え方、労働観、宗教観、家族に対する考え方等々非常に面白かったです。

日本は多神教の国家であり、八百万の神の概念があります。

日本人の文化として一神教の神様もこの八百万の神の概念に含んで考えているから宗教に関しては寛容な民族なのかなと思いました。

道徳教育は「怖れ」とか「祟り」といった概念がなければ出来ないと思っているので、どんな神様に対しても敬意を払うことが日本人としての教育には重要な気がして子供にもそのように教えています。

お囃子をやっているので神社に行くことが多く、祝詞を聞く機会がほかの子供より多いし、幼稚園はカトリックであり、墓参りにはしっかり行くということをやりながら道徳教育をしているつもりです。

日本人の八百万の神の概念は、多様な価値観を受け入れることが出来る概念でもあります。

この多様な価値観を理解するということは労働問題の専門家として非常に重要であると思いますし、それが国際人の第一歩だと思います。

また、その国の貧困の差。

識字率が低いんですね。

字が読み書きできないと進学できません。

肉体労働しかできません。

この識字率向上が貧困の差を縮める重要な施策なのだと思います。

日本人は格差社会と騒いでいますが、他の国々をみると本当にそうなのか。

資源のない国家である日本。

我々が頑張らないと豊かになりません。

江戸末期から明治、そして戦後の復興と先人が頑張ったからこそ今の日本の豊かさがある。

それに甘えていては今の生活環境は守れません。

派遣労働者は、正社員と競合しているのではなく、中国の工場で働く労働者と競合している。

派遣労働が出来なくなったら、製造拠点は他の国に行ってしまう。

もっともっと大きな視野で観ていかないと、派遣労働の規制強化にある先はもっと厳しい格差社会が待っているかもしれません。

外国の方はハングリーです。

この方達と日本の労働力は競合しているのです。

あっという間に負けてしまいます。

イスラム圏の方とゆっくりとお話をしながらお酒を飲んだことは初めてですが非常に勉強になりました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月13日 (木)

視聴率至上主義と番組の質

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

すっかり寒くなりました。

コートが欲しいですが、日本人なので周りの人が着ていないと着る勇気がないです。

081104_9

ランチに八王子の道の駅でトマトうどんを食べました。

トマトソースのうどんです。

温かくって美味しいです。

今日の産経新聞でトヨタ自動車の奥田元会長は厚生労働省たたきについてマスコミを批判した。

記事内容

発言の内容は非常に共感を覚えます。

消えた年金については私もテレビに出させていただきましたが、厚生労働省の管理は悪いことは間違いありません。

しかしながら厚生労働省と自民党が悪かったのか。

日本の国会は共産党以外全て与党経験者がいる政党である。

民主党の管副代表、渡部最高顧問は厚生大臣経験者。

羽田さんも首相経験者なわけで、ではこの方達に責任はないのか。

そして自治労はどうなのか。

自治労と民主党の議員との関係。

公務員批判をしますが、自治労をはじめとした労働組合が力を持っているということを忘れてはならない。

これらを踏まえ全てを客観的に報道をするのであれば、良いのですが、厚生労働省や社会保険庁を“悪”という結論ありきで決めてから報道の構成を決めているということです。

これが問題であると思います。

ブログに恩師に一人である日下公人先生の記事をご紹介しましたが(過去の記事)、ジャーナリズムがマンネリズムになっているという趣旨の記事でした。

是非一度ご覧ください。

しかしこのジャーナリズムのマンネリズム化の根本的な問題は視聴率至上主義の報道であり、いかにおもしろおかしく国民の不安を煽って視聴率を上げるか、部数を増やすかという事にのみ興味がいってしまっている番組作りではないであろうか。

そこにあるのはスポンサーの姿勢であり、良い番組を作るためのものではなく、たくさんの視聴者に観てもらう事を広告の目的として考えているから視聴率という客観的な数字に一喜一憂する風土が出来上がってしまったのではないか。

そうだとすれば、そのようなマスコミの姿勢にしてしまったのはトヨタ自動車をはじめとする企業自身であり、奥田元会長もその片棒を担いでいたわけです。

今のマスコミの報道姿勢は、視聴率至上主義の弊害であると考えますが、これはスポンサーの影響でしょう。

インターネットの広告が何故増えているのか。

無駄を排除できる訳です。

興味のあるページを見ていくと、そこにはそれに関連した広告がある。

広告の効率が良いわけです。

ではテレビでは出来ないのか。

良い番組を作ることが視聴率を下げてテレビ局の収益を圧迫するのか。

私は否だと思います。

私は普段テレビは観ません。

薄っぺらい番組が多いからです。

でも落語や時代劇、スポーツ中継は観ます。

また神社仏閣や歴史のドキュメンタリーも観ます。

そしてガイヤの夜明けやカンブリヤ宮殿も観ます。

薄っぺらいと感じない番組だからです。

そこにはインターネットとの共通性があり、神社仏閣の建築を面白いと思うから観るわけで、それに関連した広告を流せば効率は上がるかもしれない。

落語であれば、それに興味のある人の購買動向を分析すれば、スポンサーに提案が出来るわけです。

テレビを観て、神社仏閣の歴史や建築についての蘊蓄を聞いても、後でもう一度調べたいと思うのであればテレビ局のネットで調べるられ、そこにも広告が存在する。

マニアックな番組作りの方が広告を出すスポンサーは結果として効率が良い広告が出来ると思うのですが。

昔の番組がリメイクされていたり、DVDが発売されていたりしますが、それは今の番組への視聴者からのメッセージなのかもしれません。

トヨタの奥田元会長の発言が、テレビ局の番組作りの質を上げるきっかけになればと願うばかりです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

南多摩病院事務研究会にて講演

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は八王子プラザホテルにて講演。

南多摩地区病院事務研究会で問題社員の対処方法や賃金制度の考え方を話しました。

写真は忘れました。

まず問題社員とは何か。

そして問題社員が発生するプロセスを分析をし、感情が解決へ向けての最大のハードルであるとし、この感情をどの様に取り除くかが重要だと話しました。

そしてその感情の裏側にある原因行為を把握することが本質的な解決へ向けての第一歩であると。

そして法律が正しいとか、判例ではこうだとか、自分の価値観が正しいと言うことは、少なくとも個別労使紛争の初期の段階では持ち出さず、どこでボタンの掛け違いをしたのかを分析していかなければならない。

初期の段階で解決へ向けての話し合いができないのであれば、法律的な評価を行って、法律的な主張をしていきますが、個別労使紛争の場合には、強行法規に反している場合は別として、大概は「感情のもつれ」が原因と思われるケースが多く、当初からガチガチの法律的紛争として交渉しない方が、良い解決へと向かう様に思われます。

しかし、相手方がガチガチの法律的主張できたら、そうも言ってられませんが、一般論としてこの様なケースが多々あるということをお話ししました。

解雇権乱用法理などの解説もしましたが、賃金制度についてのお話も時間を割いて行いました。

病院の事務長の集まりですから、病院独特の問題についてお話をし、例えば仮眠時間の問題であるとか、医師に対する賃金の支払い方の問題等です。

仮眠時間については、労働時間的アプローチよりも、賃金管理的なアプローチの方が解決しやすいと話しました。

また人を増やしても忙しいという問題は、人の増やしかたに問題がある。

人を忙しいからといってただ入れるだけでは駄目であり、忙しい人が「人に教える」ということを自分の仕事としてとらえて、教育システムをピラミッドのように作っていかなければならないと話しました。

そのほかにも色々とお話ししましたが、質問も多く、定刻をオーバーしましたが、ご理解いただけたと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

NPOに関する勉強会 労務についてvol2

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日はNPO法人向けの労務管理についての講演を行いました。

081108_1

時間を間違えて30分以上早く会場入りしてしまいました。

控え室がないので会場で待機をしていましたが、受講生の皆さんが財布から1000円を払っている光景を見ると、私の話を聞く為だけに1000円払っているんだと思ってしまい、気合いを入れて話しました。

ありがたい限りです。

081108_3

内容は、細かい話をせずに組織を運営するための労務管理という方向性をしっかりとお話ししました。

問題社員が何故発生するのか。

問題社員が発生するプロセスと、その解決へ向けて何が妨げているのかをしっかりとお話ししました。

この問題についてはNPO法人に雇用されている労働者だけではなく、ボランティア同士にも通じることで、感情を排して何が原因でトラブルが起きているのかを、ゆっくりと冷静に紐解くことが重要であると話しました。

また解雇権乱用法理や雇い止め法理についても解説し、恣意性の排除とその都度注意することの重要性、注意する目的を明確にすることの重要性をお話ししました。

経営者が良いと思ってやったことが、労働者にその気持ちが必ずしも伝わっているとは限らずに、コミュニケーションの重要性もお話ししました。

あとは賃金の決定方法。

30万円の予算しかないのに賃金を30万円支払ってしまうと大変です。

残業手当が支払えない大きな要因はこの予算いっぱいに固定給を設定してしまっているから。

残業時間がどの程度なのかを分析し、残業手当を支払っても予算の30万円に収まるように人件費を考えていかなければならない。

また、社会保険料も考慮すると15%~20%程度は増えますので、それも考慮しましょうと話しました。

定額残業の考え方や、平日の労働時間を少なくして理事会開催日等の労働時間を長くすることができ、変形労働時間制について若干お話ししました。

NPO法人を設立される方は、組織運営に精通している方は少ない。

また個別に相談をするほど予算がなく、この様にNPO法人向けの講習会は非常に良い企画だと思いました。

アンケートも好評で、1000円以上の付加価値が提供できたかなと思います。

今日もこれから講演ですが、気合いを入れて頑張ってきます。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

JAまつり

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は八王子の富士森公園にてJAまつりが開かれていました。

公園には浅間神社があり、七五三をしていました。

081110_2

来週は長男の七五三。

我が事のように見入ってしまいました。

野菜で作った宝船。

081110_1

15時からこの野菜の販売会をしていました。

081110

ここで牛の乳搾りの体験会をしていました。

トラックの荷台につながれている牛。

ずっと立ったままでかわいそうな気もしますが。。。

081110_4

子豚が寝ていました。

長男は豚を見たのは初めてらしく大興奮でした。

081110_5

子牛も居ました。

そして鶏も。

081110_3

JA主催なので、焼きそば200円、ポップコーン100円等々リーズナブルでした。

はじめてきましたが、結構楽しめました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 9日 (日)

本人を追い込んでいるのは誰なの?

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は巨人ファンが集う店へ。

私は巨人ファンではありませんが。。。

昨日は日本シリーズで巨人が負けて3勝3敗に。

試合が終わってから行ったのですが、店の中にはこんなものが。

081109

思わず「これじゃ巨人は負けますよ、日本一には4つ必要ですから」と言ってしまいました。

一同無言。

野球ネタは怖いですね。

今日は日吉囃子連の練習でした。

8月と9月は祭りの日程の関係で練習はありません。

そして10月は長男の運動会で行けませんでした。

なので7月以来の練習。

とんびは気持ちよく吹けました。

来週は講演が二回あります。

再来週は、社内研修の講師を含めて二回。

あっせん事件や裁判の答弁書の期日もあり大変ですが気合いで乗り越えます。

裁判の答弁書については、弁護士と一緒に起案をしますので勉強になります。

件数をこなさないと経験にはなりませんからね。

紛争調整委員会の答弁書については、あっせん委員が真剣に答弁書を読んでいるのかなという疑問がわくケースが多く、簡潔にまとめますが、本人だけではなく、その親や兄弟が出てくるケースは、本人の話を拡大解釈して話をかき回しますから、事実関係については丁寧に記載するようにしています。

今回のケースも兄弟や親が事実に反することを主張していて、本人は心の底では困っているんじゃないかなと思われる節があります。

本人と経営者との話では事実関係の相違がないのですが、親兄弟が出てくると本人は黙ってしまい、事実関係の主張が全く異なってきます。

じつは本人を追い込んでいるのは親兄弟ではないかと真剣に思ってしまいます。

親兄弟に本音で話が出来る環境にないのではないかと。

この事件を通じて、本人が親兄弟に本音を言えるようになってくれることを願いながら事件の解決をしたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

ブレーンの存在は大きい

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

今週は忙しく、目が回りそうな日々でした。

車で信号待ちをしていたら隣に牛が。。。

081106_1

いやされる一瞬です。

八王子市にある磯沼ファームという牧場の一角です。

牛と戯れたいですね。

芸能人ニュースは見ないのですが、小室哲哉が逮捕されたニュースは昼時によく見ます。

多額の負債があるのに家賃200万円のマンションに住んでいる。

このことで経営者はいったい何を学ぶのか。

「耳の痛いことを言ってくれるブレーンの存在」

これは大切です。

小室哲哉にブレーンがいたらこんな結果になっていなかったかもしれません。

私は経営者とよく飲みます。

週のうち3日から4日は経営者と夕食を食べます。

経営者の悩みを聞くことが私の仕事だと思っているからです。

このブログの名前は「人事のブレーン社会保険労務士日記」。

メルマガの名前は「人事のブレーン社会保険労務士レポート」。

この「ブレーン」という言葉にこだわっています。

ブレーンとは、耳の痛いことまでしっかりと伝えてこそブレーン。

経営者は孤独です。

信頼関係をしっかりと築き、耳の痛いことを含めて議論をして悩みを解決する。

結果として愚痴を聞くだけのこともありますが、孤独な経営者にとって愚痴をいえる場も明日への活力のためには重要なことです。

そのような理由から私は「ブレーン」という立場で行動させていただいています。

しかし、「ブレーン」という立場で、経営者の悩みを聞き、愚痴を聞いていると、いつしか自分もクライアントに愚痴や悩みを話していたりと。。。

これが信頼関係なのだと思いました。

これからも「ブレーン」というスタンスで、良いときは「勝って兜の緒を締める」という視点を忘れずに、悪いときは「愚痴や悩みを言い尽くした先にきっと答えは見えてくる」という視点でゆっくりと議論をしていきたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

何故かカレー

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

先月から忙しい。

1時間単位で打ち合わせのために移動しています。

引っ越せば駅も近いし、打ち合わせスペースも確保できますから、今より事務所での打ち合わせを増やせそうです。

最近はまっているものにカレーがあります。

しかも「そば屋のカレー」です。

081106

ここは行きつけの八王子市日吉町の陣馬街道沿いにある「小いけ」。

蕎麦もうまいですが、カレーは甘口ですが美味しいです。

八王子市小門町にあるそば屋のカレーも美味しいのですが、これには具が入っていません。

そしてつゆの味がする。

ソースがついてくるのですが、ソースをかけても上手い。

この2つが私の中ではトップクラスですね。

先日聖蹟桜ヶ丘で食べたカツカレー。

081106_2

カツカレー大盛りなのですが、「大盛り」なのはご飯だけ。

カレーの量が少なく、どんぶり出来ますし、トンカツも別盛りなので、カレーの量が全然足りません。

カツカレー大盛りはたいがいそんなものですが、西八王子にある大金というトンカツ屋のカツカレーは違います。

事務所の近所の洋食屋さんのカレーはスパイスがすごい。

いつ食べても汗が出てきます。

お茶楽という洋食屋さんで、八王子社会保険事務所の一本線路よりの一方通行の道路沿いにあります。

是非挑戦してください。

カレーを食べ歩いていると、何故かココ一番のカレーが恋しくなってしまうのは不思議ですね。

明日もカレーを食べたくなった。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

環境・地球温暖化を考える

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は八王子法人会女性部会主催の環境・地球温暖化問題を考える」と題しての講演会でした。

081105_2

第一部は「気象統計からみた“地球温暖化”と将来」と題し、気象庁東京管区気象台統計係長戸川裕樹氏を招いての研修会。

地球温暖化の影響はすでに出ており、それは農作物の産地にも影響が出ているということでした。

たとえばリンゴ。

将来は北海道がリンゴの産地になるのではないかという話でした。

今でも、寒くないのでリンゴが赤くならないという報告もあるそうで、地球温暖化とは農家にとって非常に大きな問題になるでしょう。

海面上昇により、どの程度港湾整備等の対策がかかるかというと、海面が15cm上がると9000億円、90cm上がると1兆3000億円は最低でもかかるそうです。

熱中症については、30度から35度の気温で多く発症し、35度から一度上がるごとに、発症数は倍になるというデータがあるようですが、この熱中症対策も重要になってくるということです。

日本の気象に限って話すと以下の通りのようです。

降水量は全体としてはあまり変わっていないが、今年のゲリラ豪雨のような局地的な雨は増えており、降水量のバラツキが近年見られるとのことです。

一日の降水量が100mmを超える日が20世紀初頭より1.2倍。

一日の降水量が200mmを超える日が20世紀初頭より1.5倍になったようです。

一日の降水量が200mmを超えると災害発生の確率が高くなるようで、今年の災害についてはこのケースのようです。

八王子の気象データをもとに、八王子の気象変動も解説していただきましたが、夏日が増え、冬日が減っているとのことです。

地球温暖化の影響は夏より冬に大きいようで、日本海側の雪も少なくなるとのことです。

第二部は「身近でできる省エネ・CO2削減」と題し、東京電力株式会社販売営業本部省エネルギー・効率利用推進グループ木村千秋氏を講師に迎えての研修会。

家庭のエネルギー消費は冷房は1%にすぎない。

暖房20%、給湯37%と半分を超えている。

エネルギーの使われ方を考えて対策を立てなければならない。

最近の家電製品は省エネの技術が取り入れられており、自分の生活にあったものを選び、それに則った適正な使い方をすることが節約になるということでした。

一人暮らしであれば、一人暮らしにあった大きさの炊飯器や冷蔵庫といったものをまず「選ぶ」ということ。

冷蔵庫は夏場は「中」、冬場は「弱」でも大丈夫とのこと。

これによりかなりの節約になるようです。

炊飯器は保温の技術が発達していますが、6時間以内であれば保温。6時間を超える場合には、新しく炊き直した方が消費電力が少ないようです。

話を聞いて感じたことは、節電とは自らのライフスタイルをしっかりと把握し、機器の選択や食料品の保存の方法を考えることであるということです。

地球温暖化は待ったなしの対策が必要です。

出来ることから始めていきたいと思います。

まずは、自宅に帰ったら冷蔵庫を見てみたいと思います。

皆さんも身近なところから考えてみてください。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 4日 (火)

居酒屋・バーの倒産件数最多

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は日野市の豊田にあるクライアントに行ってきました。

行き際に、倒産した八王子自動車教習所の前を通りました。

081104_3

TBSが取材に来ていました。

081104_6

広い敷地で、駅近くということで、もう少し早くやめていたら、土地も売れて債権者の配当が増えたかもしれません。

今年に入ってからの景気減速加減はものすごい勢いですね。

081104_5

団結の赤い旗が。。。

突然閉鎖されたとなると、従業員も教習生も怒ります。

新規の募集を停止できないほど自転車操業だったんでしょうね。

何事も終わるときにはしっかりとしたいものです。

帝国データバンク発行の新聞によると、外食、特に居酒屋とバーの倒産が多いとのこと。

原料があがり、郊外型の場合には原油高で車で来る客が減り、売り上げの減少に拍車をかけているとのこと。

すかいらーくグループもデニーズも大幅な業務の再編に取りかかるようです。

しかし儲かっている会社もある。

これは紛れもない事実です。

自分の本業は何か。

それへ向けて選択と集中を行うことが今大切な事だと思います。

「選択と集中」のお手伝いが出来るように頑張っていこうと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

田母神空幕長の論文に対するマンネリズムの報道姿勢と表現の自由の考察

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

田母神俊雄空幕長が更迭されることとなった。

理由はご承知の通り過去の歴史認識について政府見解と異なる論文を発表したことによる。

中山前国交大臣の日教組批判と同じく、タイミングについては政治センスの問題であり、両名とも政治センスが無かったのかもしれない。

しかし、論文は正論である。

田母神空幕長論文全文

英訳版はこちら

私は正論と思いますが、価値観の違う方もいらっしゃると思うので、是非報道を通じて得た情報ではなく、上記原文をお読みいただいてからご判断いただきたい。

私が問題と思っているのは、政府内部に歴史認識についての議論の余地が無いという点である。

例えば経済政策については「消費税を上げるべき」という意見や、「経済成長を待ち、政府内の効率を良くして、財源を有効活用してから議論すべきだ」という意見が議論されています。

国会ですからこの様な議論を徹底的にやって貰わなければならない。

しかし歴史認識についてはそうではない。

中韓を刺激しないような態度に終始している。

日本政府の現在の歴史認識は事実であるかどうか。

その検証すら、政府部内では許されないという事である。

歴史認識がいわゆる「言葉狩り」の道具になっており、政局の具となっている点が非常に残念である。

昭和61年9月 藤尾正行文部大臣「日韓併合は韓国側にもいくらかの責任がある」と発言。更迭。

昭和63年5月 奥野誠亮国土庁長官「第二次大戦は日本の安全のための戦いであり侵略ではなかった」と発言し辞任。

平成6年5月 永野茂門法務大臣 「南京大虐殺はでっち上げだと思う」と発言し辞任。

平成7年10月 江藤隆美総務庁長官 「植民地時代には日本が韓国にいいこともした」と発言し辞任。

そして今回の田母神空幕長である。

中国政府や韓国政府の主張する歴史認識が正しく、それに反する歴史認識の議論が許されない。

これは非常に問題である。

我が国が、我が国の歴史認識に基づいて正々堂々と政府内で議論すればよい。

何のための表現の自由か。

そして憲法において表現の自由は他の権利と違い、なぜ二重の基準論で厚く保護されているのか。

この点についての配慮が全くなされていない。

現職官僚や閣僚、自衛官が「これから侵略戦争をするぞ」と発言すれば更迭されるべきである。

あくまで「これから」のこと。

過去の歴史認識についてどう考えるかは自由に議論されるべきである。

今回の論文発表も問題提起の手段としては良いと思うが、残念なのは「懸賞付き」だったこと。

この論文が発表されれば非難されることは当然予想されたことであり、その点の政治センスが欠如していたことは非常に残念である。

村山首相の際の談話をどの様にしていくのかは、自由民主党総裁の麻生総理がリーダーシップを持って考えていく問題であり、踏襲するか変更するかの議論さえできないということは問題であり、言論弾圧である。

自衛官や閣僚は言論の自由は制限されているのか。

平成20年11月1日の産経新聞で、大学時代の恩師の一人で現在社会貢献支援財団会長である日下公人先生が以下のようにジャーナリズムを批判している。

以下一部引用

 「ジャーナルはもともと日記のことである。毎日、新しくなるから転じて新聞のことになった。
 だから新聞は毎日新しいことを報じて読者をアッといわせなくてはならない。
したがってジャーナリズムは“新鮮さ”が生命で、その反対語はマンネリズムである。

だが、実力不足で取材手抜きでアッと言わせることだけを狙う新聞記者は“俗受け狙い”に走るからジャーナリスティックとはいつしか俗受け狙いの浅はかな文章という意味になってしまった。」

として「高級ホテルバー通い」を問題にする報道はマンネリズムであるとし、違ったところで読者に新鮮さを感じさせることがジャーナリズムの仕事だとしている。

その一例として

「麻生首相はかねてからライス国務長官に拉致問題を棚上げして北朝鮮のテロ支援国家を解除するのなら日本は独自の核武装へ進むと内々に話してあるので、それが今回直ちに“不愉快に思う”という声明を発表する事につながったと言うが、この話は真実かどうか、それを麻生首相に取材して欲しいものである。そして解説をつけて下されば読者にとってそれは極めて新鮮な紙面となる。」

以下略。

非常に参考になる記事であった。

このジャーナリズムの“マンネリズム化”が「言葉狩り」の報道を促し、間接的な言論弾圧を行い、結果としてジャーナリズムが最も尊重すべきであり、その全てを賭して守るべきである“表現の自由”を自ら踏みにじる結果となっているのである。

報道機関は政府や世論に大きな影響を与える“権力”をもった組織である。

報道機関がこの“間接的な言論弾圧”を行っていることが大きな問題である。

政府部内で歴史認識を議論することは誰にも妨げられることではなく是非とも堂々と議論して貰いたい。

ジャーナリズムもマンネリズムにならないように、またマンネリズムの結果、表現の自由を自ら踏みにじっていないかを十分に検証すべきである。

言葉狩りやマンネリズムの報道に国民の利益となるものは何もない。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 2日 (日)

リンゴ狩り

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

今日は秋晴れで良い天気。

八王子の恩方へリンゴ狩りに行ってきました。

リンゴ狩りは初めてです。

Dscf0650

何だかリンゴがこんなになっていると不思議なものです。

背を低くしないと通れません。

Dscf0651

まだたくさん実がついていました。

このリンゴは今週いっぱいで終わりで、来週からは新しい種類のリンゴ狩りが楽しめるようです。

Dscf0654

Dscf0655

王林もありました↑

12個のリンゴ。

Dscf0661
↑3個は調理中にてありませんが。。。

この連休はリンゴづくめになりそうです。

陣馬街道を陣馬高原へ向かうとリンゴ農園がたくさんあります。

入場料一人100円。

リンゴ1キロ(約4個)500円。

この辺が相場でした。

1日は楽しめませんが、リンゴがどの様になっているのかを観るには良い勉強でした。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

思い込みの価値観を醸成してしまう報道

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

守秘義務があり、現在進行している案件に触れるような記事は書けません。

外国人関係の事件がやっと解決。

経営者も労働者も外国人という事件は非常に難しかったです。

何が難しかったかというと「労働観」の違いです。

宗教、貧困の程度により「労働観」は違ってきます。

外国と比べるととても日本は格差社会とは言えません。

その外国人の労働観は「お金を稼がなければ生きていけない」ということです。

貧しい国で生まれ、国に残してきた家族も貧困であり、故に一生懸命働く。

そして国に仕送りを送って一家を支えているわけで、経営者も労働者も非常にハングリーです。

またその国、地域の宗教も労働に影響していくわけで、日本人の価値観が全て正しいという感覚では処理ができない案件でした。

一週40時間、1日8時間。

これは我が国のルールです。

これは正しいのか否か。

これは分かりませんが、ルールはルールですから、違った「労働観」をもっている外国人経営者や労働者に対してこのルールをしっかりと説明しなければなりません。

そこには絶対的に正しい価値観というものは存在せずに、何が良いのか悪いのかという議論も必要ありません。

「これは日本のルールなので」

価値観やその善し悪しを議論せずに、相手の価値観を否定せずに根気強く「ルール」ですからと説得していかなければなりません。

今回の事件を解決して強く感じたことは、新聞やテレビの情報は多様な価値観を前提とした報道ではありません。

誰を「悪」とするのかを、まず「結論ありき」で報道しているということ。

これでは日本人が多様な価値観に触れる機会が無くなってしまう。

「結論ありき」の価値観で、思い込みで価値判断をしてしまうわけです。

私はこの点は非常にまずいと思います。

外国人の移民受け入れ政策を議論していますが、労働力として移民を受け入れるということは、多様な労働観が存在し、それだけではなく「多様な価値観」「宗教」が存在するということです。

これには我々日本人の政治的成熟が絶対条件であると痛感しました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »