« いちょう祭り | トップページ | F-1のギアを作る会社 »

2008年11月25日 (火)

短時間で成果を出す方法

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

久々に八王子市にあるうかい亭へ。

Dscf0569

うかい亭は大人数で行くには不便ですね。

隣の人としか話せません。

先日買った本。

甲子園強豪野球部練習カルテ 2―上手くなる!強くなる!甲子園球児の最強トレーニング法 (2) (OAK MOOK 249) 甲子園強豪野球部練習カルテ 2―上手くなる!強くなる!甲子園球児の最強トレーニング法 (2) (OAK MOOK 249)

販売元:オークラ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何故買ったかというと母校が出ていたから。

母校の日大鶴ヶ丘は杉並区の住宅街の中にあり、グランドも狭いです。

グランドは野球部の他に、サッカー部やアメフト部、ラグビー部などが使っています。

この狭いグランドで私が在籍していた平成2年は野球部が甲子園、アメフト部が全国優勝と、グランドの狭さは弱点にはならないというようなパワーがありました。

現在のアメフト部はよく分りませんが、野球部は今年甲子園出場。

狭いグランドで、学校の方針として19時完全下校という環境の中で何故甲子園に行けたのか。

まず限られた練習なので、アップは朝練で行う。

午後の練習はアップから始めないとのこと。

キャッチボールもやらないんです。

監督曰く、「朝自分で時間をつくる」という行為が重要なのだと。

「全体練習は確認の場であること」

「練習の目的を明確にしておくこと」

「8球でのフリーバッティング」等々。

だらだら練習しない。

惰性で練習しない。

短時間で成果が出るように目的を持って、集中力を高めて練習をするということ。

また練習時間は15分を単位に考えているようで、これはテレビのコマーシャルの影響だそうです。

このコマーシャルの影響で、現代の子供の集中力は15分を単位として考えることが良い結果になるというデータもあるようです。

かかれていることが全て共感できたわけではありませんが、少なくとも「目的をはっきりと明確にして練習を行うこと」「長時間ではなく、短く集中力を高めて練習を行うこと」は非常に参考になりました。

下手なビジネス書より参考になるところが多いです。

早速私の事務所にも取り入れて、「何故これをやっているのか」「何故今これを任せるのか」を明確にしたいと思います。

受験勉強もしかりですね。

「下手な鉄砲数うちゃ当たる」的な練習は本番では役に立たないでしょう。

また「全体練習は確認の場」という事は囃子にも言えることで、家で練習しなければ上手くなりませんね。

仕事も勉強も同じですが。

皆さんもご参考までに読んでみてはいかがですか?

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

|

« いちょう祭り | トップページ | F-1のギアを作る会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/25648077

この記事へのトラックバック一覧です: 短時間で成果を出す方法:

« いちょう祭り | トップページ | F-1のギアを作る会社 »