« 上戸彩と会話した?友人 | トップページ | 平成20年を振り返りまして・・・ »

2008年12月30日 (火)

仕事の対価は自身の成長

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は私の仕事納め。

職員は昨日まででした。

081230

業務終了後、忘年会。

大掃除をしましたが、担当によっては給与計算のお届けをした職員もいます。

一年間無事に終了です。

今日の私はというと、保存書類の整理。

引っ越しを前提に廃棄するものを決めています。

因みに廃棄は、税務署と同様の処理方法で廃棄していますのでご安心ください。

廃棄するものを選ぶのは疲れるものです。

明日は、自宅の大掃除をして、事務所に出てもう少し整理をしたいと思います。

気分一新して新年を迎えられますように。。。

それではもう一がんばり大掃除です!

今日洗車に行ったんですが、予想に反して待ち時間ゼロ。

今年は御用納めが26日だったこともあり、洗車のピークは早かったようです。

また車で年末年始行動する方が減っているようで、年末にガソリンを入れる必要性もなくなってきているとのこと。

車を買わない若年層、車ではなくビックスクーターを買う方が多いそうです。

車が売れないのは景気が悪いことが最大の要因なのか。

車社会が変わっていく兆候なのか。

少なくとも18歳になって教習所に通い車を買うという価値観を持った人が少なくなっていることも事実。

一方で、子供が幼稚園に通い自分の時間ができたことで、30代の女性が自動車の免許をとってアクティブに行動したいというニーズもあるようです。

人口構成の変化が産業構造を変えるわけですが、車社会にどのようなインパクトを与えるのでしょうか。

自動車産業に98万人が従事しているといわれる我が国。

産業構造が変わっているのであるとすれば、新たな時代の枠組みとは何か。

「仕事の対価は自らの成長と思え」とは大学時代の恩師の言葉。

知識社会ではこの考え方が重要であると。

20世紀の産業構造の転換期を迎えた為の経済の停滞であるならば、新しい産業構造がこの数年間で生まれてくる。

ドラッカー博士の言葉を借りれば、これからは知識労働者の時代。

経営者も労働者も知的生産についてしっかりと考えて実行していかなければならない。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

|

« 上戸彩と会話した?友人 | トップページ | 平成20年を振り返りまして・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/26645767

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の対価は自身の成長:

« 上戸彩と会話した?友人 | トップページ | 平成20年を振り返りまして・・・ »