« 高炉の一時停止 | トップページ | 実効性のある雇用対策は“一時的な労働者派遣法の緩和”と“雇用保険の受給要件の大幅な緩和” »

2008年12月 5日 (金)

ホンダF-1撤退

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

甲州街道のいちょう並木。

つい先日までは黄色の葉っぱのトンネルでしたが、一気に葉が散ってしまった感があります。

081204_1

道路には落ち葉が。

081204

しかしまだ楽しもうと思えば楽しめます。

081204_2

あっという間に散ってしまうんでしょうね。

「冬来たりなば春とおからじ」

好きな言葉です。

あっという間に梅の季節が訪れてくれるでしょう。

今日のニュース。

ホンダがF-1撤退。

残念なニュースです。

ホンダの成績が成績だけに関わっているエンジニアの方は無念でしょう。

私の中学時代の友人が、中学生当時からF-1が好きで、東工大に入りエンジンの勉強をし、ホンダに入って今アメリカで開発をしています。

早くF-1に行きたいと言っていましたが、撤退とは無念でしょう。

一年でも早い復活をしてもらいたいです。

F-1から日本メーカーが一社いなくなるのは寂しい。

ホンダの社員のモチベーションに影響するように、少なくともホンダユーザーの購買行動にも影響してくるでしょう。

特に私の世代は、中学生時代にホンダ第2期の真っ只中で、中島悟やアイルトンセナとともに、ホンダのブランドは“F-1”というイメージが強いです。

世界的な不景気な中、夢がもてる話題が一つ減るのは寂しいです。

「東京オリンピックを子供達とみたい」とある方に話したところ「おまえは単純だ」と言われましたが、やっぱり世の中くらい話題が多いからこそ、単純に夢がもてる話題が大切なのではないかと思います。

来年は厳しい年になるでしょうが、厳しい年は何年も続きません。

経営者としてはコツコツと乗り切っていくしかありませんが、ホンダのF-1撤退のニュースは非常に中途半端なかたちであり、残念でなりません。

第4期の復活へ向けて頑張ってもらいたいです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/


|

« 高炉の一時停止 | トップページ | 実効性のある雇用対策は“一時的な労働者派遣法の緩和”と“雇用保険の受給要件の大幅な緩和” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/25943896

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダF-1撤退:

« 高炉の一時停止 | トップページ | 実効性のある雇用対策は“一時的な労働者派遣法の緩和”と“雇用保険の受給要件の大幅な緩和” »