« 子供の集中力は15分 | トップページ | 「雇用保険法による育児休業給付延長に関する留意点」が今回のメルマガ »

2009年3月 9日 (月)

「企業としてどう対応する裁判員制度」セミナーのお知らせ

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ 

080224

写真は我が家の車2台。

左が私のアルファード。右が妻のヴォクシー。

4人家族なのに車は16人乗り。

買うときにつっこまれましたが、欲しい車が8人乗りだっただけです。

さて、クライアント向けに裁判員制度のセミナーを開催致します。

詳細は以下の通りです。

日時 平成21年4月16日木曜日

    18時30分より20時00分まで

場所 八王子労政会館3階 第5会議室

一部 「平成22年4月1日改正労働基準法について」

    18時30分より19時00分まで

    講師 特定社会保険労務士 山本 法史

二部 「企業としてどう対応する裁判員制度」

    19時5分から20時00分まで

    講師 弁護士 狩集 英昭 先生
     (八王子ひまわり法律事務所)

日頃から懇意にさせて頂いております八王子ひまわり法律事務所より、狩集先生をお招きして講演を行います。

社員が裁判員になったとき、企業はどの様に対応したらいいのか。

制度の評価は別として、企業としてこの裁判員制度とどの様に付き合っていくべきかをお話し頂きます。

一部の労働基準法では、平成22年改正予定の労働基準法改正について、概要と今から準備をしておくことや注意点を中心にお話しします。

ふるってご参加ください!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

|

« 子供の集中力は15分 | トップページ | 「雇用保険法による育児休業給付延長に関する留意点」が今回のメルマガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/28543088

この記事へのトラックバック一覧です: 「企業としてどう対応する裁判員制度」セミナーのお知らせ:

« 子供の集中力は15分 | トップページ | 「雇用保険法による育児休業給付延長に関する留意点」が今回のメルマガ »