« 荒川東京都オリンピック招致本部長を囲んで | トップページ | 三遊亭きつつき「お菊の皿」と「湯番屋」 »

2009年5月23日 (土)

会社における裁判員の情報管理

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

裁判員制度がスタートしました。

その賛否は別としてスタートしたわけです。

裁判員制度につきましては、私の事務所主催のセミナーでテーマとして取り上げたり、数名の弁護士とともにモデル就業規則を作成したりと、準備を進めてきました。

就業規則の問題はそれほど大きくはありませんが、裁判員に選任されたことについての情報管理が難しいという問題があります。

昨日も中央大学理工学部教授殺害の容疑者が逮捕されましたが、テレビを見ていた事件の裁判員に選任される可能性もあります。

「こんな奴は死刑だよ」とテレビを見ながら話していたら、自分が裁判員に選任されたとします。

その事件に対する自分のスタンスは公にしていることになります。

その人が裁判員に選任されたという噂が流れた場合どうするのか。

その人が審理でどの様な態度で臨んだのかは容易に推測できます。

裁判員候補者に選任されている方は、テレビを見て犯罪の報道を見て軽々しく発言しては後々自分の身を危険に晒すこととなるのではないかと思いました。

人の口に戸は立てられません。

被告人は裁判を受ける権利を有しているわけですから、その権利を侵害することはできません。

要はしっかりと慎重に審理しなければなりません。

テレビを見て軽々しく感想を述べることも、裁判員候補者はやめるべきではないかと感じた次第です。

非常に窮屈な制度である裁判員制度という点は間違いないようです。

会社における裁判員の情報管理についてはご相談ください。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

|

« 荒川東京都オリンピック招致本部長を囲んで | トップページ | 三遊亭きつつき「お菊の皿」と「湯番屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34785/29756642

この記事へのトラックバック一覧です: 会社における裁判員の情報管理:

« 荒川東京都オリンピック招致本部長を囲んで | トップページ | 三遊亭きつつき「お菊の皿」と「湯番屋」 »