« 今年も甲子園に連れて行って!! | トップページ | 従業員の過失で損害が発生した場合どの様にすればいいのか »

2009年6月24日 (水)

学校の現状を聞いて

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

先日のロータリーで、元八王子中学校のPTA会長を務める森屋パスト会長の話を聞きました。

090623_1

びっくりしたのは、演壇がないこと。

生徒と同じ目線で話すためとのことです。

森屋会長もこの「同じ目線」という事には違和感を感じておるようで、私も同感です。

先生に「友人感覚でいい」というような事を言う親がいるようですが、私は非常に問題だと思います。

先生は先生であり、生徒は生徒。

親は親であり、その立場をわきまえて付き合わなければなりません。

日教組の何でも平等という感覚でこの様になったのでしょうが、これでは社会に出て順応できません。

先輩も「くん」「さん」づけで呼んでいるようで、この様なことをしたら自分の中学時代はぶっ飛ばされました。

立場をわきまえて行動することが大切であり、その立場は相対的であるが故に、色々な立場の考え方が出来るようになってくると思います。

また、先生が生徒の腕を持ったくらいで問題にされる様で、一部の生徒は先生が何も手を出せない事を分っているから好き放題になっているとのこと。

先生も手を出して怒れないから、生徒が暴力を振るえば警察を呼ぶようにしているようです。

警察の抑止力をもって学校を運営しているようで、何とも悲しい限りです。

日教組の目指している学校とはこの様な現場なんでしょうか。

先生が自信を無くすのはわかる気がします。

これから学校に進学する子供を持つ一人の親として非常に危機感を感じました。

これは親がしっかりとしなければ行けませんね。

昔は先生に怒られ、家に帰って今度は先生に怒られたことを親に怒られていました。

この様な当たり前の教育現場になって欲しいです。

先生の心の病が増えているとのことですが、この様な職場であれば頷けます。

元八王子中学校では、挨拶が基本という考え方で、朝当番を決めて校門に立って挨拶をさせているようです。

後輩にあたる小学生にも、「気をつけて行くように」という様な先輩としての立場で声をかけているようです。

単純なことですが、かなり荒れていた学校も落ち着いてきたとのこと。

この様な環境で育った子供が社会で活躍できるのか非常に不安です。

いつからこんな風になったのでしょうか。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

|

« 今年も甲子園に連れて行って!! | トップページ | 従業員の過失で損害が発生した場合どの様にすればいいのか »

コメント

山本さん。今晩は。^^ 初めてコメントさせて頂きます。

 今は、日教組は力が無いそうですよ。東京都は3つに分裂して、組織率もかなり下がっているようです。
 
 殆ど、教育委員会のいいなりだそうです。
だからこそ、精神を病む教師が増えるのではないでしょうか。

親御さんという立場では、余り気持ちの良い話ではないかも知れませんが、学校での体罰をDVと同じ様に扱った(感じた)保護者(女性が多かったそうです)からの要請で体罰は禁じられたようです。

私のブログでも、「本当の教育改革とは 晴れても降っても 森永卓郎」で取り上げております。

ご覧頂ければ、恐悦に存じます。

投稿: 正論かも | 2009年6月24日 (水) 19時23分

コメント有り難うございます。
私は「教育委員会のいいなり」という言葉自体に違和感を覚えます。
教育の自治という考え方のもとに教師が好き勝手やっている結果が今の日本であると考えています。
教育委員会の指示に従うことは公務員である以上当然であります。
国を愛す教育を反対し、国旗国歌に敬意を払うことを否定する教育はあってはなりません。
日教組の力は低下しているとのことですが、学校という閉鎖的な職場の中で、日教組に染まっている先輩とともに働くことは、その影響を少なからず受けると考えます。

教師の威厳を高めていくことが教育立て直しの要素であり、それは親がしっかりしなければなしえないことと思います。

投稿: やまもと | 2009年6月26日 (金) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も甲子園に連れて行って!! | トップページ | 従業員の過失で損害が発生した場合どの様にすればいいのか »