« 平成21年日野八坂神社祭礼初日 | トップページ | 平成21年日野八坂神社祭禮最終日 »

2009年9月21日 (月)

平成21年日野八坂神社祭禮2日目

  まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は日野八坂神社祭禮2日目。

宮御輿渡御の日です。

Dscf1740

宮御輿を迎えるために、仲町の山車は旧甲州街道沿いの日野本陣においてあります。

朝の風景。

Dscf1742

日野本陣は、東京都で唯一現存している本陣だそうです。

Dscf1743

日野の図書館も趣があります。

日野の街づくりの良さなのでしょうか。

八王子もこうあって欲しいものです。

Dscf1744

Dscf1746

これは日野本陣の建物です。

実際には脇本陣であり、幕末に本陣と称して今日に至ったようです。

Dscf1748

新撰組の剣術流派である天然理心流の演舞が境内でやっているようです。

Dscf1745

新撰組といえば日野という観光イメージをつくろうということでしょうが、そもそもその土台となる八王子千人同心といえば八王子であり、私の地元の地域は千人町といわれる地域と隣接しており、千人同心と所縁の土地であります。

この辺が日野の観光戦略に負けているのではないかと思われる点だと思います。

囃子の準備が終わり、9時からの宮出しを見に行きました。

Dscf1749

宮出し前の境内の様子。

Dscf1751

下の写真は宮出しを待つ高張り提灯。

日野は、八王子の千貫御輿と違い、町名ではなく、御輿愛好会の高張りが多いです。

Dscf1754

Dscf1755

宮出しの風景。

圧倒されます。

Dscf1756

Dscf1758

砂埃が見えますかね。

熱気は凄かったです。

Dscf1759

高張りを先導に御輿は進んでいきます。

その後、仲町会の山車曳き廻し。

Dscf1760

山車の中からの風景。

Dscf1762

Dscf1765

Dscf1766

昭和20年代に建造された組み立て式の山車です。

八王子は「いーち、にーの、やーい」と曳きますが、「そーれ、そーれ」と曳きます。

八王子の方が特殊なようです。

Dscf1767

Dscf1768

町内曳き廻しが終わると居囃子です。

16時までやっていました。

その後宮入を見に行きました。

宮入は17時半でしたが、神社の前で御輿が落ちました。

御輿がピタッと地面におかれていました。

担ぎ手が担ごう担ごうと、棒に入ると、担ぎ手の方が棒に対して垂直であったものが、だんだんと斜めになり、結果として重さを支えられないような状態になり、御輿が傾いてしまうことがあるようです。

昨日は、それが極端で、両方とも地面についてしまいました。

30分くらいそんな状態が続いて、どうにもならない状態でした。

私もはじめてみましたが、御輿は動きませんが、担ぎ手は意気盛んで凄かったです。

コーボーで叱られた方もいました。

写真を撮るのを忘れて雰囲気に酔っていました。

その後、御輿が上がりましたが、ゆっくりと宮入しました。

Dscf1772

ゆっくりといっても宮へ入ると、活気で砂埃が凄かったです。

Dscf1773

この砂埃と迫力が伝わりますかね。

Dscf1775

Dscf1776

9時間半の渡御。

無事にに終了です。

私は囃子しかしませんので、御輿の魅力は分かりませんが、熱気は凄い。

八王子からも友人がたくさん担ぎに来ていて楽しかったです。

今日は御輿のパレード。

神社祭禮シーズンの締めくくりを楽しんできます。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

|

« 平成21年日野八坂神社祭礼初日 | トップページ | 平成21年日野八坂神社祭禮最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成21年日野八坂神社祭礼初日 | トップページ | 平成21年日野八坂神社祭禮最終日 »