« セコムのマンション | トップページ | 今回のメルマガは「労働者過半数代表の考察」です »

2009年9月11日 (金)

「公的年金の意義」の講演 法人会元八地区にて

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は八王子法人会元八地区会の講演でした。

テーマは「公的年金の意義」でした。

会場は、八王子市弐分方町にあるレンタホール坂本。

先日の土日は、この場所を駐車場として道路を挟んで向かい側の八坂神社のお祭りで囃子をしていました。

090911_12

弐分方の山の景色は綺麗です。

数日前にこの景色を見て囃子をしていたのでなおさらでした。

090911_5

たくさんの方にお集まりいただきまして、公的年金がどの様な役割をしているのかを生存権の問題と生活保護の問題を例にしてお話ししました。

色々なニュースがあり、政治的にも影響を受けやすい年金ですが、過小貯蓄の防止の観点から、国家が強制的に貯蓄を促している制度であり、結果として生活保護受給者の最小化を目的としているという主旨の話しをしました。

講演の後、懇親会に参加をさせていただきましたが、民生委員が生活保護のあり方に大いに疑問があり、今日の講演は良かったとお話しいただきました。

色々な意見交換をしましたが、生活保護受給者が月額15万円で年金受給者が月額10万円でこれはおかしいとのことでした。

生活保護の水準は高すぎるので、かえって生活保護から早期に抜け出せない。

生活保護については、受けなくても良い状態になるんだという動機付けをしにくい点が問題であり、生活保護費を現状のままにして、それ以上に年金額を引き上げるのは反対であるとのお話しをお聞きし、とても勉強になりました。

弐分方の八坂神社の話もお聞きし、私も微力ながら囃子を通じて祭禮の伝承にお役に立ちたいと思いました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

山本経営労務事務所
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

|

« セコムのマンション | トップページ | 今回のメルマガは「労働者過半数代表の考察」です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セコムのマンション | トップページ | 今回のメルマガは「労働者過半数代表の考察」です »