« 事業再生という仕事 | トップページ | 習熟度別学習の必要性 »

2009年11月 6日 (金)

安い商品を買うことが良いことなのか

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は1日稲城市にいました。

長閑な街ですね。

稲城市にある常楽寺の山門。

091107

仁王様もいて立派なお寺です。

091107_1

由来が書いてありましたが、写真には写っていません。

1500年代に開かれたお寺のようで、由緒正しいお寺なんでしょうね。

神社仏閣は落ち着きます。

今日は、アパレルの店長と打合せをしました。

店長曰く、在庫は昨年比70%減だそうです。

これはその店舗に限ったことではなく、多の店舗、多の会社にも言えることだそうです。

ネクタイのアイテムが少なく、何となく買う気にはなりませんでした。

消費とは雰囲気だと思っていますので、買いたいと思わせる雰囲気づくりが大切だと思うんですね。

アイテムが少ないのであれば、少ない前提で店づくりをしていかなければ売上げは上がりません。

店長の実力次第と言うことです。

その店舗は紳士服でしたが、ジーンズショップは厳しいようです。

理由はユニクロ。

安いジーンズとの競合で、売上げは大変に厳しいとのこと。

そして若者のジーンズ離れが起きているようです。

昔はジーンズを皆はいているのですが、今は10人いても大半はジーンズ以外のズボンをはいているようです。

それだけおしゃれになったということなのでしょう。

私の大学時代は、野球のユニホームで授業を受ける事が多く、私服ではなく、ユニホームを来て家を出て、野球をして、授業をうけて、そのままバイトへ直行という生活をしていた気がします。

「お前は野球をしに学校へ来ているだろう」と教授によく言われました。

それはさておき、流行についていけないジーンズショップであれば、それはやむを得ないのですが、安い商品は中国製をはじめ外国製です。

国内の工場で作られた物ではありません。

我々が安い商品を求めれば、国内に製造拠点を維持できません。

国内に製造拠点を維持する為には何をすべきかを考えていかなければ、この国の富は減るばかりです。

製造派遣禁止、最低賃金の上昇、消費者の低価格志向、正社員の賃金上昇。

これを全て同時に達成できません。

何を諦めるかです。

優先順位は何かです。

いま国会では、非常に稚拙な議論が為されていますが、結局は、日本国民がどの様な国家のあり方を望んでいるのかだという視点が欠けています。

製造派遣を禁止し、子供手当や高校無償化などをすすめれば、税金は上がり、正社員の給料は下がります。

低価格志向がつづけば、国内の製造業は空洞化し、ますます雇用情勢は悪化します。

雇用を守る為には、製造派遣を含め国内で製造業の生産拠点を維持できる環境を整えることこそ重要だと思います。

製造派遣禁止で得られる物は何もありません。

雇用無き景気回復となり、格差は開くでしょう。

派遣労働者を正社員にする余裕は企業にはありませんから。

中国やインド、東南アジアの労働者と日本の労働者は争っているんだということを忘れてはなりません。

安い製品を手に取り、そんなことを思いました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 事業再生という仕事 | トップページ | 習熟度別学習の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事業再生という仕事 | トップページ | 習熟度別学習の必要性 »