« 七五三 | トップページ | 世界経済の展望と湾岸産油国の現況の講演を聴いて »

2009年11月16日 (月)

ガバナー公式訪問

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は、国際ロータリー第2750地区ガバナーの公式訪問。

2750地区とは、東京の南半分と太平洋の国々で構成するロータリークラブの地区です。

大体中央線で分かれていて、下が2750地区。

そこのトップがガバナーと呼ばれる方で、各クラブに年一回は公式訪問します。

今日は、その公式訪問の日で八王子RC、八王子東RC、八王子北RCの合同例会でした。

場所は京王プラザホテル八王子です。

091116_4

091116_4_2

ロータリーは7月から始まる年度であり、今年のガバナーは東京南RCの久邇邦昭ガバナーです。

本年度は、うちのクラブが幹事ですので、朝8時30分にガバナーをお迎えし、半日にロータリーにかかわっていました。

久邇邦昭ガバナーは元皇族で、戦中は海軍兵学校にいたそうです。

皇族はマンツーマンで教官がつくそうです。

民間に勤務され、15年の海外勤務の後、現在は神社本庁統理だそうです。

神社本庁のトップです。

ロータリーが取り組んでいる識字率向上の話しをされ、字が分らないと教育が出来ない。

よって貧困がいっこうに改善できないということから、貧困を脱するためには識字率の向上が必要であると言うことです。

しかし日本の識字率はほぼ100%であり、この点は問題はない。

日本が取り組みべき事は幼児教育ではないかとのこと。

欧米では、子供が電車の椅子に座っていて、お年寄りに席を譲らなければ、他の大人が首根っこをつかんでどかせるとのこと。

その場に親がいたら、誤るのが礼儀だそうです。

ガバナーも海外駐在時代に、自分の子供が首根っこを掴まれた経験があり、その方に謝った経験があるそうです。

今の日本では考えられないことであり、戦後、この様な親が教育に自信を無くしたことが原因ではないか。

敗戦から60年が経過しているのに、この状況であるのは異常であり、日本人が悪いとのこと。

これを変えるために幼児教育をしっかりとやることが日本の将来にとって大事であるとのことでした。

全く私も同意見です。

海外経験が豊富で、元皇族の方の話しで大変に面白かったです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 七五三 | トップページ | 世界経済の展望と湾岸産油国の現況の講演を聴いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七五三 | トップページ | 世界経済の展望と湾岸産油国の現況の講演を聴いて »