« 平成22年 年次計画 | トップページ | 対馬や壱岐は日本にあって、日本にあらずになってしまう »

2010年1月 7日 (木)

中小企業の視点

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は八王子法人会の賀詞交換会でした。

講演はTBSの解説委員の方で、小沢一郎についての講演。

感想は、この方は民主党を応援しているのであろうということ。

こんな方が解説委員であれば、公正中立の報道は出来ませんよね。

懇親会は、八王子税務署長や八王子市長を交えての会。

100107_2

100107

懇親会の話題は暗いです。

現在の経済情勢を反映しているのでしょう。

自民党政権には不満はあったが、不安がなかった。

民主党政権は不安ばかりだという経営者が結構多いということがわかりました。

船頭が誰なのか、どこに行こうとしているのかが全くわからない。

耳障りの良いことばかりをいうが、行動しない。

皆に耳障りの良いことばかりをいうから矛盾だらけ。

そして何より、自民党政権以上に、業界団体への圧力が凄まじいという点。

総理の献金問題にしても、中小企業は親からの家業を継ぐために、その株式を購入するために、億からの借金をする方が多い。

総理の行為は明らかな脱税行為であり、中小企業の事業継承の苦労を全く理解していない。

幹事長もしかり。

そしてこの2人が権力の座に居続けることが出来るのも、民主党の自浄作用が全く機能していないからであり、自民党政権では考えられないこと。

経済情勢が混迷する中、政治が機能をしていない現状に不満と不安を持つ経営者がとても多いということを実感しました。

2ヶ月、3ヶ月の資金繰りに頭を悩ませているのに、何もせず、予算の裏付けが全くない成長戦略しか出せない状況に苛立つ経営者は多いと実感しました。

このブログでよく述べますが、私の持論は、世の中で一番弱い立場にあるのは中小企業の事業主であるということです。

失業しても借金が残り、社会的コストを十分に吸収できるほど体力がない。

しかしながら、この中小企業こそが日本の経済力の大きな力であり、雇用の受け皿でもあります。

新年に、多くの経営者の方とお話しして、今年も日本の中小企業のために全力で頑張ろうと思います。

中小企業が元気になってこそ、日本の国力がつくわけです。

このブログでも、この視点で情報発信を今年もしていきます。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 平成22年 年次計画 | トップページ | 対馬や壱岐は日本にあって、日本にあらずになってしまう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成22年 年次計画 | トップページ | 対馬や壱岐は日本にあって、日本にあらずになってしまう »