« 福祉を考えさせられる1日 | トップページ | 保育園の予算と人事制度 »

2010年1月19日 (火)

この国を憂う今日この頃

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

この2日間の報道

「石川知裕代議士の逮捕を考える会」
国会議員20名以上で、法務省担当者を呼び釈放要求の決議をする。
現役政務官もおり、行政府の幹部が法務省にプレッシャーをかける事をするらしい。

「鳩山総理」
闘って欲しいとのこと。

「中井国家公安委員長」
特捜部に説明責任あると発言。

「千葉法務大臣」
一般論として、小沢氏の捜査に指揮権発動ありうると発言

「山岡国会対策委員長」
子供手当を支給すれば支持率とは戻ると発言

野党の幹部に対して強制捜査を行なっているのではない。

与党の幹部の政治団体に強制捜査をされているのである。

しかも実質的なトップに対して。

そして政務官はおろか、法務大臣や国家公安委員長も捜査当局にプレッシャーをかけている。

別に指揮権を発動する必要はない。

人事権を持っている大臣の発言であるから、人事で報復をすればいい。

そう考えれば、この様な事態は極めて異常である。

昨日、歯医者で見たワイドショーで、うつみみどりが「けんか両成敗」と言っていた。

低俗なワイドショーに憤慨する必要もないが、検察と小沢幹事長はけんかしているのか?

耳を疑いたくなる発言であり、マスコミの良識を疑う発言である。

推定無題は刑事責任の問題であり、政治家の資質の問題は別である。

なんとか還元水で自殺した、松岡元農水大臣は一体何であったのだろうか。

あれほど現役大臣や与党幹部の不正に厳しかったマスコミや民主党が、こと民主党の問題にはスルーである。

そして、子供手当を支給すれば支持率が戻るという山岡国対委員長の発言は、国民を愚弄している。

なぜ権力をもっている体制をかばうのであろうか。

ジャーナリズムとは何か。

このプレッシャーの中で捜査に当たっている検察の方々は正義感が支えであろう。

それを「けんか」とするワイドショー。

この国の自浄作用が機能していない。

張作霖爆死事件、ワシントン軍縮条約で天皇陛下を無力化し、軍部の暴走を防げなかった第二次世界大戦前もこの様な雰囲気だったのであろう。

陳情は全て幹事長室を通す。

民主党を支持しない団体には予算をつけない。

これは民主党のやり方である。

小沢幹事長にものを言えず、権力を集中することが国益なのか。

金権政治ではないのか。

独裁政権を望んでいるのか。

小沢幹事長の捜査は、日本の法治国家としてのプライドと、民主主義の成熟度が問われる問題である。

国民は、厳しく真実の追究を求めるべきである。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 福祉を考えさせられる1日 | トップページ | 保育園の予算と人事制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福祉を考えさせられる1日 | トップページ | 保育園の予算と人事制度 »