« 小仏関所跡 | トップページ | 事務所経費を削減するということ »

2010年1月13日 (水)

永住外国人地方参政権について

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今度の通常国会へ、永住外国人に地方参政権を付与する法案が提出されるようだ。

経済状況が大変なときに、なぜ国民的な議論が必要な参政権や夫婦別姓の成立をいそぐのか。

もっと議論すべき事がたくさんあろう。

普天間や強制捜査になった小沢幹事長もお金の流れ。

対価を考えずに、政治家に何千万円、何億円も寄付するのか。

永住外国人地方参政権には反対である。

日本国籍を取得して国会議員になっている方達もたくさんいる。

あえて日本国籍を取得しない方達に、何故参政権を付与しなければならないのか。

仮に、参政権を付与した場合、対馬や壱岐、そして竹島を抱える島根県、尖閣諸島を抱える沖縄県はどうなるのか。

都道府県議会は警察を管轄する重要な議会であり、警察力の行使は、国家権力の行使に他ならない。

国家権力の行使に外国人がかかわることにより、安全保障上どの様な問題が生じるのかを検討しなければならない。

この事について、マスコミの報道は殆どされていない。

産経新聞ぐらいである。

この検証をすれば、日本国民として「参政権」という結論はありえない。

私は外国人を排除すべきと言う思想は全くない。

地方自治体の権力行使であっても、国家権力の行使に他ならない。

他の国の国籍を持っている方が、日本の国家権力の行使にかかわることはおかしいという事である。

税金の対価は行政サービスをもって受けている。

参政権とは、日本国民が日本国民の将来のために行使する権利であり、地方議会であっても、国家権力の行使と一体不可分のものである以上、他の国家の人間の意志が反映されてしまう。

国家間においては様々な駆け引きが為されており、国内にその利害関係のある国家に属する方達が、利害関係のある国のために投票行動をしたらどの様になるのか。

アメリカにおいても、永住者に参政権は付与されていない。

ひとつひとつの問題を考えていけば、日本の安全保障は確保されないという結論になる。

絶対に参政権付与をしてはならないと考える。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 小仏関所跡 | トップページ | 事務所経費を削減するということ »

コメント

全く同感です。前の選挙では、私はみんなの党に投票しましたが、民主党に投票された方も、麻生さん、福田さんではダメだ。今回は民主党にと思ってたのであって、マニフェストにも書いていない、外国人参政権付与を選挙の為だけに党議拘束を掛ける小沢一郎は許せない。山本さんが言われるように、産経新聞以外マスコミは緊張感がない。国家を愛する教育を行なわなかった、日本人が悲しい。
正月にでも、日の丸を飾っている家は少なくなりました。飾っているとなにか右翼の家と思われるのかと、恥ずかしくなります。
今後とも、山本さん、正論はどんどん言ってください。

投稿: 大阪人 | 2010年1月14日 (木) 19時04分

大阪人さん、コメント有り難うございます。
民主党は、日本人とは約束をしていないようですが、外国とは約束しているようです。

例えば海外に住む日本人が、海外の地方選挙において、日本人として、日本のためになる選択をして貰えると、我が国は大変に助かりますよね。

これと同じであり、我が国の事を決めるのに、祖国の利害を考え投票行動するという事であり、非常に問題があるわけです。

民主党は、地方主権といいますが、地方主権とは地方議会の重要性が大きくなるということ。

地方参政権だから大丈夫というのは矛盾だらけなわけです。

断固反対していくしかありません。

投稿: やまもと | 2010年1月15日 (金) 17時43分

はじめまして。外国人地方参政権で検索してたどり着きました。
同じ八王子の方がまっとうな意見を書いてくださっていてうれしくなりました。危険性を周囲に話しても、信じてくれない人や関心の薄い人ばかりなので・・・。
かつて参政権の正当性を訴える論文を書いた教授が、論文は間違いだと認めたそうですね。近いうち修正論文を発表すると聞きましたが、どれほどのマスコミがとりあげるのか不安です。日本のマスコミの偏向報道は異常ですものね。あのNHKでさえ、平気で嘘を流しますから。
どのタイミングで参政権が提出されるのか、気が抜けませんね。
では、失礼いたします。

投稿: 八王子っ子 | 2010年1月27日 (水) 12時39分

コメント有り難うございます。
この問題の危険性は、コツコツと広めていくしかありませんね。
マスコミも何故これほどまでに偏向報道をするのか真意は分りませんが、国民が真実を知らないということが最も危険なことだと思います。

日本人は、自由と民主主義を守るためには、覚悟と行動が必要であると言うことを忘れてしまっているようです。

マスメディアを信じられなくなった我が国が不幸でなりません。

投稿: やまもと | 2010年1月27日 (水) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小仏関所跡 | トップページ | 事務所経費を削減するということ »