« 平成22年 二の午 | トップページ | 「改正労働基準法に係る質疑応答の検討」のメルマガ発行日 »

2010年2月14日 (日)

囃子の練習と工芸品の哲学

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は日吉囃子連の練習日。

Dscf2100

八幡囃子連から2名の出稽古のメンバーも加わり、人数が多かったです。

しちょうめのオオカンを中心にやりました。

睡眠時間と同じ、3時間の練習をみっちりやりました。

午後は、昨日まとめていたメルマガの「改正労働基準法に係る質疑応答の検討」を完成させて、夕方は家族でお好み焼き屋へ。

お好み焼き屋では、千人町一丁目囃子連の小学4年生の男の子がいました。

今は印旛しかできませんが、今年の八王子祭りにはハヤが出来るように練習するとのこと。

八王子祭りで会おうねと、男同士の握手で分かれました。

地域の伝統を支える若人がいることは心強いものです。

文化財の関係で心配な話もありますが、何とかうまいこと現状の体制を守ってもらいたいものです。

そもそも山車が文化財であることの意義は何なのか。

工芸品としての山車の価値はどのような哲学があるのか。

八王子が山車祭りの文化の発信源となった歴史的、文化的経緯は何なのか。

これをしっかりと踏まえて、八王子のまつりの運営をしてもらいたいものです。

哲学なきものは廃れます。

表面的な事象に流されずに、地域の伝統をしっかりと守っていかなくてはなりません。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 平成22年 二の午 | トップページ | 「改正労働基準法に係る質疑応答の検討」のメルマガ発行日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成22年 二の午 | トップページ | 「改正労働基準法に係る質疑応答の検討」のメルマガ発行日 »