« バランスシートの大切さ | トップページ | 青少年の犯罪に思う »

2010年3月 7日 (日)

第六回 三遊亭きつつき独演会 in 草薙邸

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は、三遊亭きつつきを子安みとみ會囃子連の草薙会長宅に呼んでの落語会。

個人宅でやる落語会は、非常に贅沢なものです。

皆さん喜んでくれます。

100307_2

祭りシーズンの合間に開催するようになり2年が立ちました。

3月、6月、10月と祭りがない時期にきつつきの独演会をやっています。

一席目は「新聞記事」。

100307_4

橙色の羽織でしたので「巨人ファン?」と突っ込んでしまいましたが。。。

二席目は「死に神」。

まず患者を治すことが出来ない医者という設定が面白い。

志の輔は「寿命」を「運」と言っていますが、きつつきは「寿命」でやっています。

布団を逆さにして、死に神を足下のやって呪文を唱える所は一緒ですが、それによって病気の近江屋さんと医者の寿命が入れ変わったという発想が面白い。

「お前と近江屋の寿命が入れ替わって、近江屋は160歳まで生きるぞ」というところが面白かったです。

この噺の下げは人それぞれですが、きつつきは、やっとの思いで火をつけたら、それは死に神の蝋燭で、今日から死に神が人、医者が死に神になるということとなり、医者は「今日から金に困ることがないや」といって、ふっと蝋燭を消してしまう下げ。

この噺の下げは難しいですね。

その後、きつつきを交えて宴会になりましたが、落語を聞いた後に、落語の話で一杯やるのは最高です。

参加人数も増えているので、お中元に座布団を草薙会長へ送らなければと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« バランスシートの大切さ | トップページ | 青少年の犯罪に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バランスシートの大切さ | トップページ | 青少年の犯罪に思う »