« 囃子は持久力が必要なスポーツ! | トップページ | 久々の連休にて »

2010年4月30日 (金)

男性保育士の役割

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

一昔前は、保育士のことを保母、看護師のことを看護婦としていた。

男性保育士が「保母」と呼ばれていた時代から志を持って仕事をしてきた方々は資格の名称変更をしてほしかったであろう。

名前を変えて偏見をなくそうという考えは大嫌いであり、病気の名称なども含めて表面的なことだと考えている。

しかし「母」や「婦」という呼称は資格には用いるべきではないというのは理解できる。

母という存在は偉大であり、乳児から幼児にかけて、その存在は非常に大きいものである。

しかし一方で、不幸にして父親と別居している子供が増えているのも事実であり、そこには「父性」が必要である。

このような観点からも男性保育士の活躍の場はこれから大きいものになってくると思う。

また、保育園や幼稚園を就学前の基礎的な知識や社会性を身につける場であると仮定すれば、女性保育士や女性幼稚園教諭だけでは、小学校の男性教諭に子供がすぐに対応できるのか。

このような観点からも男性保育士は重要である。

ご縁があり、社会福祉法人太和会の理事を拝命しているが、男性保育士の重要性については園長を含めて十分認識をしている。

女性保育士と男性保育士がしっかりとタッグを組んで充実した保育環境を整備できるように頑張っていきたいと思う。

理事の職責は大変であるが、とても充実している職責である。

教師になろうかと思った時期もあったので、このような形で教育に携われれることに幸せを感じる今日この頃である。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 囃子は持久力が必要なスポーツ! | トップページ | 久々の連休にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 囃子は持久力が必要なスポーツ! | トップページ | 久々の連休にて »