« 子供の虐待の記事を読んで | トップページ | 熊肉のすき焼き »

2010年4月20日 (火)

1362万9630円の机と椅子で無駄を探す?

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日はオーナーズクラブの例会日。

1004201

1004201_1

芸者の唄と踊りに風情を感じます。

囃子をやっているからでしょうか。

さて、4月17日の読売新聞で「民主イズム」という特集の中で、「形が大事」かさむ費用という記事があった。

行政刷新会議を担当する古川元久副大臣は就任直後から「新しい政権で、新しい組織を作るんだ。まずは形が大事なんだ」と号令をかけ、オフィスデザインコンテストで受賞経験がある会社を、スタッフに何度も視察させ、机と椅子のセットで16万6215円の値段のオフィス机を購入したとのこと。

隣室の国家戦略室とあわせ、82セット1362万9630円もかかったとのこと。

東京郊外で一軒家が買えてしまう。

財務省からは「各省庁で使っていない机と椅子があるので、それを使ってはどうか。刷新会議の趣旨に反するのでは」という意見もあったようだが、政治主導で「16万6215円」のセットを82セット購入したようだ。

私の事務所の机と椅子よりも高い。

因みに私は自分の金で買いましたが。。。

そして、23日から始まる独立行政法人などを対象とする事業仕分けも、内閣の支持率上昇の起爆剤とする為に、よりマスコミが入りやすい会場で行なうようで、会場費は倍。

資料公開のサーバー費等でコストはかさむとのこと。

内閣官房の職員の声として「大事なのはテレビ映りや見栄えばかり。財政難の深刻さを真剣に考えているとは思えない。」ということであった。

仕分け対象も、研究開発費など削りやすいところや効果が見えにくいところ。

日本から研究開発をとったら一体何が残るのか。

時間とコストがかかる基礎研究を国のイニシアチブで行なわなければ意味がない。

短期的に効果が出る研究開発は民間で出来る。

仕分け対象も「子供手当」や「高校無償化」「高速道路無料化」は入っていない。

全ての政策に目的があり、この目的が明確でなければ政策効果も計れない。

事業仕分けの目的は何か。

「子供手当の財源探し」と「選挙目的のパフォーマンス」でしかない。

研究開発や科学技術の分野は、我が国の生命線である。

今こそ研究開発や科学技術の振興をすすめる時である。

無駄を探される独立行政法人もただで使える机と椅子があるのに、わざわざ「1362万9630円」も使って新しい机と椅子をかったスタッフに「無駄」と指摘されたくはないであろう。

短期的な利益ではなく、短期的で耳障りのいい事だけではなく、これから100年先まで我が国が繁栄するビジョンがなければ、予算編成をすべきではない。

ビジョンのない設備投資は民間は行なわない。

ビジョンがなければ「無駄」の定義は明確に出来ない。

日本人もパフォーマンスに踊らされることがないように、民主主義の成熟度を上げていかなければならない。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 子供の虐待の記事を読んで | トップページ | 熊肉のすき焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供の虐待の記事を読んで | トップページ | 熊肉のすき焼き »