« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

炎のカクテル

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

先日、旭クリーンサービスの青田社長と住宅工営の斉藤社長とS-PARKというbarへ。

S-PARK

ここのファイアーカクテルが面白い。

部屋を真っ暗にして、太陽踊りが流れてきて始まるのですが、2人の社長も大喜びでした。

1006291_5
手前住宅工営斉藤社長、奥旭クリーンサービス青田社長

100629_1

このタワーに最終的にお酒を注ぎます。

100629_2

100629_3

ボトルをまわして芸をします。

100629_4

1006291_1

火のついた瓶を回しています。

よい子なので真似はできません。

1006291_2

最後はタワーにこのお酒を降り注いで完成。

1006291_3

1006291_4

これが完成品。

私は以前に飲んだことがあるので、青田社長と斉藤社長に譲りました。

このグラスに、2人でストローを入れて、仲良く飲んでいました。

結構な量があるので、2人でもストローで一気はきついです。

前回は、私一人で一気しましたが。。。

こんな趣向もいいもんです!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (2)

2010年6月27日 (日)

まつりシーズン始まる!

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は、京王プラザホテル八王子にて囃子をしました。

100627_3

こちらの団体に依頼されての囃子です。

100627_1

100627_2

私はトンビをやりっ放しなのでやっている時の写真は撮れませんでした。

来週は八王子の朝顔市で囃子をやります。

ここからまつりシーズンがスタートしていきます。

子安神社例大祭、八王子まつり(多賀神社例大祭)とつづき、9月の日野の八坂神社例大祭まで続きます。

そして来年の2月の二の午までシーズンが続きます。

体調管理をしっかりとし、楽しいまつりシーズンにしたいです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

覚悟の瞬間の撮影

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は、「覚悟の瞬間」というインターネットTVでCS朝日ニュースターでも放送する番組の撮影でした。

覚悟の瞬間

撮影風景はこんな感じでした。

100626_1

部屋に白い布を張り、その中で撮影。

約2時間でしたが面白かったです。

一人かわいい女性がいて、ADの方かと思ったら、インタビュアーの石井あみさんという方。

元グラビアアイドルで、今は女優のれっきとした芸能人でした。

事前に教えてもらえれば色紙用意をしたのに・・・。

100626_2

石井あみさんのブログ「AMMY通信」。

前日は、元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代参議院議員と握手したし、元プロ野球選手と握手もしたし、柳家小さん師匠とも握手したし、今週は有名人と握手する機会が多いです。

石原さん、丸川議員との写真、データで送ってください!

自分の生い立ちから、根ほり葉ほり聞かれる番組構成でしたので、結構疲れました。

しかしインタビュアーの石井さんとディレクターの後藤さんが上手く引く出してくださり、何とか撮影が終了しました。

一緒にお仕事をさせていただくと、応援したくなりますね。単純な性格なので!

ということで皆さんも石井あみさんを応援しましょう!

今日はこれから囃子をしてきます。

きょうはこれにて!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

メディアリテアシーの実践

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

先日16日水曜日は、多賀神社崇敬会の総会でした。

100625

多賀神社は、八王子祭りを構成する2つの神社の一方の神社。

私の氏神様であり、何よりも大好きな八王子まつりを構成する大切な神社です。

神社あっての祭りですから、祭りを盛り上げるためには神社を盛り上げなければなりません。

今年初めて参加しまして、知っている方がどれだけいらっしゃるか不安でしたが、総代の安藤物産安藤社長、追分町会長の戸田工務店戸田社長、神職である税理士の足立先生や司法書士の足立先生、多賀睦の塩野会長、大貫副会長をはじめたくさんの方がいらっしゃり、良くしていただき、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

もうすぐ八王子まつりです。

神事で始まり、神事で終わる。故にまつりにメリハリがつく。

これが私の持論です。

だから神社のお祭りで囃子が出来るのはとても気持ちがいい。

ピシッと締まるんですね。

感覚の問題ですからお伝えしにくいのですが、まつりに携わっていらっしゃる方にはわかっていただけるかもしれません。

さてさて、先日勉強したメディアリテアシー。

読売新聞で気になった記事があったので早速トレーニング。

「かつての参議院のドン後継には民主攻勢」とある。

改選定数1の島根選挙区で青木幹雄前自民党参議院会長の後継候補である青木一彦候補と民主党の岩田浩岳候補の記事でした。

民主党は

→「旧来の自民党政治を終わらせるシンボルの選挙区」と位置づけ

→枝野幹事長が乗り込んだ

→枝野幹事長が「厚い自民党の壁を打ち破れると思ってきた。時代を後押しして欲しいして欲しい」と訴えた。

→松江市の無職の方の話として「国全体も大きく変わっている。島根も変わらなければならない」とのコメントを紹介

一方自民党に関しては

→「バトンを父から渡された」と議席の死守を訴えた

のみである。

共産党石飛育久候補、みんなの党桜内朋雄候補については

→松江市内で第一声を上げた

のみである。

意識してこの記事を読むと無職の方のコメントを通じて

「旧来の自民党政治を終わらせる」としたうえで

→「国も変わったのだから、島根も変わらなければならない」とメッセージを発信している。

→保守王国で、青木幹雄の後継者では島根は変わらないというメッセージである。

ではこれに対応する自民党の記事はどうか。

全く記載がない。

これは明らかに、報道の三原則に反する記事である。

公平・中立・客観の原則が守られていない。

島根県において自民党政治を否定しない方のコメントを最低限のせるべきである。

これがメディアにおける情報のすり込みである。

この様な情報を意識することなく触れていると、「国が変わった」→「島根も変わるべき」→「民主党の候補に入れるべき」という世論の誘導につながる。

このような分析は、学生時代記号論の授業でやったので、学生時代を思い出しながらこのブログを書いている。

読売新聞でさえ、この様な偏向報道が選挙中にもかかわらず行われているのである。

我々日本人は、メディアリテアシーをしっかりと考えながらニュースに触れることが、マスメディアの改革につながるのであると考える。

皆さんも是非やってみてください。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

メディアリテアシー

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は、前衆議院議員萩生田光一のモーニングセミナーでした。

100624_2

昨年は、航空幕僚長だった田母神俊雄氏を講師に招いてのセミナーで大変面白かったです。

今回は、テレビ朝日の元社員でジャーナリストの末延吉正氏を講師に招いての研修でした。

朝7時から京王プラザホテル八王子でのセミナー。

朝からホテルで勉強をするのは気持ちがいいものです。

テーマは「自民党再生と日本の将来」でした。

メディアというのは「公平」「中立」「客観」の三原則がある。

末延先生は、中央大学でメディアについての教鞭をとっていて、この分野について研究をしている。

前回の総選挙は、この三原則は守られていなかった。

理由は、「政権交代の選挙」と報道していた。

本来は、「政権選択の選挙」と報道しなければならない。

古くさいが、戦後60年日本を経済大国にし、経済、安全保障については安定感があるが、新鮮さが無い自民党。

なんだか新鮮さを提供してくれそうな民主党。

この様な三原則を守った報道をすべきであった。

鳥越さんをはじめ、キャスターは「政権選択の選挙」として、マニュフェストを評価すべきであったが、それをしていない。

昔は自民党が政権を維持することを前提とした選挙であり、マスコミは野党の肩を持つことで、バランスがとれるという日本独特の報道スタイルであった。

しかし、二大政党制の下では三原則を守って報道しなければならない。

氏曰く、鳥越さんは気分で発言しているだけだと。

そういう感覚でメディアを観なければならない。

情報とは、意識的にふれることが大切で、意識しないで情報にふれると、情報が刷り込まれる。

氏が立命館大学で講師をしていたときに、1人に産経新聞を読ませ、もう一人に朝日新聞を読ませた。

そして議論をさせようとしたが、「この右翼やろう」「なんだこの左翼やろう」と喧嘩になってしまった。

それぐらい、意識しないで情報にふれることは、報道する側の意図に流されてしまう。

古館の報道ステーションを観たらZEROをみる。朝日を読んだら、産経を読む。

意識して情報にふれていかなければならない。

報道で、バランスを欠いた発言をしているかどうか見極める力をメディアリテアシーという。

このメディアリテアシーの力を国民はつけなければならない。

自民党の支持母体であったJAを崩すために、農家の個別保障をした。

家庭での力がある主婦層を取り込むために、あなたに子供手当をあげますよといった。

この様に票になることを徹底的にやっていくのが小沢流であるとのこと。

「政治は権力闘争」「政権を取れば財政は財務省が持ってくる」これが小沢前幹事長の考えだそうです。

今の民主党政権は、財務省と経済産業省が勝ち組。

大物次官OBが郵政の社長になったのでもわかる。

負け組は、国土交通省、農林水産省、文部科学省。

民主党政権は財務省主導の政権であり、菅総理が9月の代表選で小沢陣営に負けないように、消費税10%の話をした。

代表選で苦況になれば、解散権を使ってくる。

財務省を見方にすれば、国税という権力も掌握することとなり、菅政権が長期政権となりうるのである。

政権交代とは予算の組みかえである。

このことをメディアリテアシーの力をつけて見て欲しい。

民主党政権は公務員の首は切れない。

なぜなら選挙でポスターを貼ったり、ビラを配ったりするのは労働組合員だからだ。

その人達の首はきれない。

公務員の天下りを禁止したのは安部政権であり、これが社保庁の問題などリークされた原因である。

こういことはマスコミはあまりいわない。

しっかりとメディアリテアシーの力をつけて欲しいとのことでした。

朝からいい話を聞けました。

今日から参議院選挙。

メディアの報道がバランスを欠いていないのかしっかりとチェックをしていきたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

蛍鑑賞

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

先日の日曜日に、八王子市恩方町にある「夕焼け小やけふれあいの里」へ蛍を観に行ってきました。

10062201_1

このバスは、引退前まで、日曜日限定で京王八王子ー陣馬高原下を運行していました。

退役後、ここに展示されています。

土日祝日は開放されているようです。

数年前、長男が八王子市の都立高陵高校跡地にあるわくわくビレッジで展示されていた際に乗ったことがあります。

幼稚園に入る前だったので、本人は覚えていないようです。

10062201_2

暗くなる前についたので、場内で腹ごしらえをしながら探索。

100622_1

水田もあります。

夕暮れ後にこんな場所を歩けることは滅多にないので、長男は大喜び。

年少の長女は、暗くなって怖くなり、ずっと抱っこでした。

100622_3

蛍の光。

幻想的できれいでした。

八王子市内から30分。

八王子はいい街です!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

幼稚園の父親参観日での講演を聞いて

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は長女の幼稚園の父親参観日でした。

参観の前、毎年講演を聞きます。

カトリック系の幼稚園ですから、神父さんの話が多かったのですが、今回は前文部科学大臣政務官の萩生田光一前代議士でした。

100620_1

100620_2

話の内容は、教育について。

非常に面白かったので、以下概要をまとめてみました。特にお父さん、お母さんは読んでいただきたいです。

はやぶさが帰還しましたが、あれは日本の科学技術の結集である。麻生内閣の時に萩生田政務官がはやぶさの後継機の開発にむけて18億円の概算要求をし、認められた。

鳩山内閣になり、概算要求のやり直しで5000万円になり、事業仕分けで3000万円となった。

しかし、はやぶさが帰還してみると、はやり日本の科学技術はすごいということで、来年度予算は増えるようだ。

何かきっかけがないと、科学技術や教育の分野に光が当たらない。

この様な地道な分野は選挙の争点になりにくく、今回の事業仕分けでも科学技術費や学校の耐震補強という予算が削られてしまった。

では、宇宙関連の技術が我々の生活に全く関係がないかというとそうでもない。

アメリカのNASAのロケット発射台は火事になる。

後発の日本は、火事にならないようにテフロンという素材で発射台を作った。

このテフロンは、今や家庭の鍋や鉄板に使われている素材である。

ロケットを軽くするために、カーボンという技術が開発され、これはゴルフクラブのシャフトや釣り竿、また学校の耐震補強のために、柱にカーボンを巻き付けるといったことに応用されている。

今回若田さんが6ヶ月宇宙ステーションに滞在したが、日本の便器会社が、無重力状態である宇宙で大便をしても、どこも汚すことなく、そのまま処理できるものを開発して持っていった。

この技術は、寝たきりの方々の介護の現場で大きく活躍する予定である。

この様に、身近なところにその恩恵がたくさんあるが、気づきにくい分野である科学技術。

このために、教育が必要であり、その人材により最先端の技術開発がされていくのである。

また、子育て支援についても、男女共同参画社会の趣旨は賛成であり、子育ては男性も女性もしかりとやるべきであるが、幼児期における母親の存在というのはとてつもなく大きい。

これは父親が代わりに出来ることではない。

単純な話では、父親は母乳が出ないし、10ヶ月母親のお腹にいた絆は、父親はかなわない。

子供にとり、母親が大きい存在以上、母親に負荷がかかるのである。

政治としては、ジェンダーフリーの理想論ではなく、幼児期には、父親がどんなに頑張っても、母親に負荷がかかることを前提として社会の仕組みを作っていかないと、母親の支援が出来ないのではないかとのこと。

次の話は、学力の話。

全国の学力テストの結果、上位は福井、秋田、青森である。

ここには日能研も早稲田ゼミナールもないし、公文式だって少ない。

なぜこの3県の子供の学力が高いのか、文部科学省で検討した結果、三世代同居率が高い県であり、子供が幼稚園であったこと、学校であったことをおじいちゃん、おばあちゃんや両親に話せている県であった。

東京の子供の方が勉強時間は長い。

塾も多いし、子供部屋もある。

しかしこの3県の子供は、居間で勉強をしていたりと、環境は決して東京よりよくない。

ここでわかることは、子供は、学校であったことを親に話して、認められたり、もう少し頑張れよというようなコミュニケーションにより、前向きに努力していけること。

東京に住んでいる我々が、この3県を真似することは出来ないが、子供が描いた絵や学校のプリントをみて、褒めたり、残念だったねとか、もう少し頑張れよといったコミュニケーションをしてくださいとのことでした。

平日時間が無くても、プリントに赤字で父親がコメントするだけで子供は変わるし、実家にいる祖父母に、100点とったらFAXして、祖父母からコメントしてもらうということは工夫すれば出来るのではないか。

それをやっていきましょうとのこと。

ゆとり教育は失敗で、子供の自主性に任すことは出来ない。

大人ではないから子供であり、自己管理が十分に出来ない子供の自主性に任せてもだめだ。

ルールは大人が決め、その中で頑張っているからこそ、将来自己管理が出来るようになる。

大人がグラウンド3周走れ、ドリルを毎日2ページやれと決めるからこそ、子供が何が得意で、何が苦手であるが、何が好きで、何が嫌いなのかがわかる。

嫌いなこと、苦手なことを克服させるためには、大人が管理していかなくてはならないとのことでした。

そして、早寝早起き朝ご飯。

規則正しい生活が、いいリズムを生み、子供の能力が引き出せるとのことでした。

妻も聞いていましたが非常に勉強になったとのこと。

この話は、たくさんの親に聞いてもらいたいです。

そんな気持ちで記事にしてみました。

これから蛍を観に行ってきます。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

第92回高校野球選手権沖縄県大会始まる

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日から第92回全国高等学校野球選手権大会の沖縄大会が始まりました。

甲子園の決勝まで考えると、2ヶ月を超える選手権大会の始まりです。

近所の都立高校のグラウンドでは、野球部がいつもに増して気合いを入れて練習しているように見えました。

3年生は最後の夏。

ものごごろついた時から野球をやり、ただひたすら野球に打ち込んできた18年間。

この最後の夏の試合が終わると、自分の人生の進むべき道と向き合わなければならない。

就職するのか、進学するのか。

野球を続けるのか、やめるのか。

野球を続けるにしても、競技スポーツとして大学や社会人で本格的にやるのか、レジャースポーツとして同好会でやるのか。

たくさんの選択肢に直面します。

それだけ可能性があることの証左でもありますが、18年間の集大成とも言うべき夏の大会。

それが魅力だったりします。

悔いの残らないように、一生懸命プレーをして欲しいです。

勝って奢らず負けて腐らずの精神です。

そんな思いで、クライアントの社長達と飲み、帰路につこうとタクシーを探していたところ、エスエストラストの杉本社長とばったり会いました。

母校の日本大学鶴ヶ丘高等学校サッカー部の面々と八王子で飲んでいるところでした。

100619

皆酔っていましたから、校歌斉唱して八王子の街を闊歩しました。

果てしなき、碧き大空

羽ばたくは 白銀の鶴

青春の理想仰ぎて 高らかに

天翔けりゆく

ああ 我ら 日本大学

鶴ヶ丘 鶴ヶ丘

という歌詞です。

甲子園で勝って校歌斉唱したのは20年前。

20年ぶりに、勝って甲子園でこの校歌を斉唱したいです。

頑張れ鶴高!!!!!!

6回勝って甲子園へ!!!!!!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

財政投融資復活?

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

1

とある会社の書棚の側面。

遊んでないで、ちゃんと仕事しなさい!

国民新党の政権公約。

郵政のお金を大規模プロジェクトに使うという。

これは財政投融資の復活である。

国会のチェックが受けにくく、利権の温床とされたために改革がなされた。

それを実質的に復活することとなれば、十分な検証と国会のチェック体制の検討が必要である。

また民主党は、消費税を10%とする公約を掲げた。

消費税の増税は致し方ないにしても、子供手当の原資になるのは勘弁願いたい。

子供手当を無くし、高校無償化も見直し、高速無料化も諦め、農家の戸別保障も本質的な農業活性化になる制度に改めた上での増税議論であれば大歓迎である。

しかし、それをせずに増税することは納得が出来ない。

そしてもうひとつ。

事業仕分けで、予算が出せるとした前回の衆議院選挙の方向を転換し、増税するのかどうか。

ここも総括されていない。

そもそも二大政党制というのは、政策論争をしっかりと行い、国民に信を問うことを目的としてきたはず。

国会において、菅内閣の方針を審議せずに国会を閉会したことは、野党の議論に耐えられるほどの政策ではないのか、それとも現職大臣の事務所費問題が耐えられないのか。

どちらにしても、逃げたとしか思えない。

事業仕分けと財投の復活は矛盾していないか?

国会において、身分保障がなされている公務員への労働基本権付与についての審議を行わずに、ILOにおいて付与することを国際公約として発言していいのか?

郵便局長会から国民新党に8億円の政治献金がなされていた報道があり、産経新聞は露骨な利益誘導政治であるとしたが、他のマスコミはあまり報道しない。

連合を始め、民主党の支援団体である労働組合より政治献金がなされ、教職員組合からの献金で、小林代議士が辞職した。

公務員への労働基本権付与については、支援団体への利益誘導ととられないためにはしっかりとした国会での審議が必要である。

財政健全化のための会議を超党派で開きたいという菅総理。

しかし、その機能こそが国会であり、国会で行えばいい。

国会で論戦をせずに、決めたことを数の力でただ通すことが国会のあり方として健全であろうか。

国会から逃げると言うことは、一方通行の発言でしか支持が得られないという自信のなさである。

国会が機能をしていない現状を鑑みると、与党が参議院において過半数を維持することは、ますます国会軽視に拍車がかかり、民主主義の機能不全に陥ることを懸念せざるを得ない。

だらしのない自民党、数の力で強引に国会運営する民主党。

現在の経済環境において、中小企業は政治の混乱に耐えうる体力はない。

国会が正常に機能することを願うばかりである。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

国民の権利自由の侵害

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

ニュースを聞いて耳を疑った。

「問責決議案を提出するなら本会議は開かない」。

議員に憲法上認められた権利の行使を行うなら、その権利の行使の場である本会議を開かないということをいったのである。

そしてそれを実行した。

民主党は、問責決議案を堂々と審議し、否決すればいい。

仮に、決議されれば、厳粛に受け止めればいい。

国会を開いて、十分に審議するということは国民の権利であり、民主主義のルールである。

その審議のプロセスを、国民にさらけ出し、十分に審議がなされたのか、それは妥当であったのかを審議するために、表現の自由という権利がある。

この表現の自由があってこそ、我々は政府の暴走や独裁行為から、権利と自由を守ることができる。

私の言いたいことは2点。

第一は、問責決議を出すなら本会議を開かないという民主党の姿勢。

郵政法案にしても、短時間の審議で強行採決に至った。

これでは、国会に野党はいらない。

自民党政権時代は、審議を尽くした上での採決であったし、問責決議案も採決した。

今回の行為は、税金の無駄遣いといった枠組みを超えた、我々の権利と自由を無視した、極めて問題のあるものである。

今回のことで、民主党政権は超えては行けない一線を越えてしまった感がある。

自らの都合の悪いことは審議しないということがまかり通れば、国会に野党はいらないこととなる。

江田五月参議院議長は辞任すべきである。

第二は、表現の自由という権利のもと国民に真実をさらすマスメディアの機能不全である。

今回の事態は、民主主義の屋台骨を揺るがす事態であり、このことだけを持ってしても内閣総辞職に値する。

このことをマスメディアは伝える使命があり、それをしなければ国民は国会が正常に機能しているのか知ることは出来ない。

この事態に対して、未だに民主党擁護の姿勢を貫くマスコミは、報道機関ではない。

大正デモクラシーの名のもと、国会は戦前機能していた時代がある。

しかし、昭和3年の張作霖爆殺事件の混乱の中で、矢面に立っていた田中首相が退任直後休止したことをきっかけに、元老が天皇陛下に対し、、立憲君主制の下では、内閣が一致して決定したものに対して否認しては行けないという様に教育された結果、政治的に無力化され、昭和5年のロンドン海軍軍縮条約締結が統帥権の侵害であるとして、それ以降軍のことを国会がチェックすることが出来なくなった。

これに昭和11年の広田内閣が、軍部大臣現役武官制を復活させたことにより、閣議を通すためには現役武官である、陸海軍大臣の賛成が必要となり、閣議決定されたものを否定することは、立憲君主制のもとでは許されないという教育のもと、また政治家が軍部のことに意見をすると統帥権の侵害とされる環境が整い、誰も軍部の独走を止めることが出来なくなったのである。

この様に、民主主義が機能していても、様々な事情が重なり国民が政府をコントロールすることが出来なくなる。

結果として、民主主義の機能不全により先の大戦に至ったのである。

このことについては半藤一利氏の昭和史が詳しいので、是非一読してみてください。

昭和史(1926ー1945) 昭和史(1926ー1945)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

現在の状況は、マスメディアの本来の機能である「表現の自由」を自らが制限し、民主党政権に対してあまりにも擁護する姿勢が目立つことである。

自民党政権で同様のことをしたら、間違いなく総辞職である。

この件は、他の問題と根本的に違い、民主主義の根幹に関わる大問題である。

表現の自由を守るべき権力である、マスメディアがこのことに目をつぶるなら、国家は大正から昭和にかけての不幸を再び体験する事となりかねない。

我々国民は、そのことをしっかりと認識すべきである。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

頑張れ鶴高!6回勝って甲子園!!!!!!

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

先週の土曜日、6月12日に第92回全国高等学校野球選手権大会西東京大会の抽選会がありました。

短期決戦の夏の大会は、体力を消耗しきった状態で強豪校と当たりたくないというのが本音で、この予選結果が、西東京大会の行方を大きく左右します。

そういった意味で東東京大会は、帝京が準決勝まで順当に勝ち上がりそうです。

反対側のブロックでは、成立学園と東海大高輪台・日大豊山の勝者が準々決勝。

準決勝で関東一高でしょうか。

消耗戦を考えると、帝京と関東一高の決勝が順当ではないかと思います。

何があるのかわからない短期決戦のトーナメント戦。

順当に行かないことが、高校野球の魅力の一つですが、独断と偏見でトーナメント表を見るとそんな感じです。

同様に西東京大会を見てみると、第一シードの我が母校、日本大学鶴ヶ丘は

ベスト16までは順調にいけそうです。

うちとベスト16で当たるブロックは、何気に激戦。

シード校の桜美林の初戦は恐らく昨秋の準優勝校東海大菅生。

菅生は一戦やってきてますか、桜美林は初戦から大変です。

この勝者とベスト32で明大中野八王子と佼成学園の勝者とあたります。

この2校は、春季大会で母校が一点差で辛勝した高校。

恐らくこの4校のうち勝ち残った高校が、ベスト8をかけて母校と対戦です。

その下のブロックは、昨夏の決勝カード日大三高と日大二高がベスト16で恐らく対戦。

ここで勝った高校が、明大中野、堀越、國學院久我山のいずれかと恐らく対戦。

春大会帝京を破った國學院久我山は、初戦恐らく堀越。

ベスト16で日大三高と日大二高の勝者と対戦。

ここは、投打で頭一つ抜けている日大三高が勝ち上がってくるでしょう。

準決勝で日大三高と、日大鶴ヶ丘。

日大三高が、二高戦、準々決勝でどれだけ消耗してくれるかが一つのポイントですが、おそらく母校も消耗しているので、層の厚い日大三高を破るのは、ハードルが高い。

でも絶対に勝って欲しい。

反対側は、八王子高校、・都立昭和・都立国立の勝者が準々決勝で都立日野・都立小平・東亜学園の勝者と対戦と予想。

都立小平は、シード校に強いですから都立日野、東亜学園のシード校も大変でしょう。

昨年は堀越を破っての準決勝進出でした。

その勝者と準決勝で当たるのは、創価と早実の勝者。

決勝はこの創価ー早実戦の勝者が出てきそうに思えます。

以上、私の独断と偏見でトーナメント表をみながら考えてみました。

日大三高に勝って甲子園に行ったことはありませんので、今年は日大三高に勝って是非とも2年ぶり3回目の甲子園出場を勝ち取って欲しいです。

今年の夏は、長くて熱い夏にしたいです。

頑張れ鶴高!!!!!!

6回勝てば甲子園!!!!!!

甲子園へ連れて行って欲しい!!!!!!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

メルマガ執筆 事業譲渡における労働契約の取り扱いについての考察

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

夕方からメルマガを書いていました。

今回のテーマは「事業譲渡における労働契約の取り扱いについての考察」。

知識を正確に整理したかったので、今回のテーマとしました。

メルマガの目的は、私の自己啓発という点が大きいのです。

月に一回発行すると宣言している中で、掘り下げておいたいテーマを選び、文書にまとめることにより、非常に理解が進みます。

この様な観点から、メルマガを、自分に鞭を打って書いているわけです。

手を抜いて書いたら、全く意味がないので、しっかりと書いているつもりです。

是非お読みください。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月13日 (日)

第7回三遊亭きつつき独演会 in 草薙邸

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は子安みとみ会囃子連の草薙会長宅で、三遊亭きつつき独演会。

100613_2

一席目は「祇園まつり」。

これはたっての希望でやってもらいました。

落語会の後、宴会で日野の應神睦の会長さんが、きつつきに「こんだけ囃子やっている人間と、御輿を担いでいる人間がいる中、よくやったね」と。。。

きつつき曰く「山本さんがやれと言ったのでやりました」。

その通りです!

京言葉を意識するあまり、京都のご隠居を超える芸がなかなか出来ないとのこと。

江戸弁と上方の言葉を、上下で演じる噺の難しさがよくわかりました。

二席目は「二十四孝」。

100613_3

初めて聞いた噺ですが、面白かったです。

その後、居酒屋さんへ移動しての宴会。

きつつきと落語の話で盛り上がりながら、お酒を飲みました。

次回のきつつき会は、祭りシーズンが一段落する11月初旬を予定しています。

竜楽会と日程が近いので、11月に持っていきます。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

第92回全国高等学校野球選手権大会西東京大会の抽選会

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は第92回全国高等学校野球選手権大会西東京大会の抽選会。

東京都高野連のホームページに抽選結果がアップされるのを心待ちにして、仕事をしていましたが、これから出かけなければなりません。

第一シードの母校日本大学鶴ヶ丘高等学校。

良いブロックとなるように、神棚に手を合わせていますが、どうなることでしょう。

これから八王子駅で待ち合わせをしている、三遊亭きつつきを迎えに行って、落語会です。

それでは。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

マスメディアと政治

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

ブログをご覧いただいている方々から「政治ネタはなんて書かないで、当たり障りのないことを書いた方が良いよ」と言われますが、私の性格からして無理ですね。

それをやるとこのブログの価値は全くなくなってしまいます。

私がもっとも危惧することはマスコミの報道姿勢だけです。

マスコミが本来のジャーナリズムとしての役割を果たしていれば、政治のあり方は変わります。

鳩山内閣が発足していたかも疑問です。

政権与党に厳しいジャーナリズムは許せます。

しかし、与党となった民主党への報道のあり方が非常に問題があると感じています。

例えば、事務所費問題。

この問題で辞任しなかった大臣は自民党時代にはいません。

「なんとか還元水」と国会答弁し、追い込まれ自ら命を絶った松岡元農林水産大臣もいました。

報道されている、荒井大臣、蓮ほう大臣、川端大臣の事務所費問題。

なぜ自民党政権時代と同様にマスコミは叩かないのであろうか。

この問題は小さいことだというジャーナリストと称する人もいる。

ではなぜ、そんな小さいことで自殺に追い込まれた人がいるのであろうか。

民主党の政治家同様、マスコミも言っていることがコロコロ変わる。

郵政法案についてもしかり。

自民党時代は、審議を尽くした結果、野党が強行採決を演出していた。

その是非は別としても、審議時間はしっかりととっていた。

しかし民主党政権は審議せずに強行採決である。

国会とは何であろうか。

事業仕分けもしかり。

子供手当や高校無償化などを検討せずに、1時間で判断が難しい基礎研究も含めて仕分けをすることは困難である。

稚拙なパフォーマンスであり、本質的な解決になっていないことを伝えるマスコミは少ない。

報道機関とは、流すニュースを選択できる。

また、流し方により、受け手の印象は大きく変わる。

マスメディアによって如何様にも世論を誘導できるのである。

ネットの普及により、自ら積極的に情報収集を出来るようになったが、それをしていない国民はテレビから流れてくる情報が正しいと信じる。

参議院選挙の結果、民主党の単独政権となり、マスメディアが今のような民主党に甘い報道姿勢であれば、日本の民主主義の危機である。

民主党政権の混乱は、マスメディアが本来のジャーナリズムとしての機能をしていない結果であり、ジャーナリズムのあり方が問われているのである。

ネットの普及によっても、マスメディアが衰退しないためには、ジャーナリズムとして真剣な取り組みをしなければならない。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (2)

2010年6月 9日 (水)

八王子竜楽会 いちょうホール

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は、八王子市のいちょうホールにて八王子竜楽会でした。

4

司会を拝命し、開演前のアナウンスからやりました。

坂福や個人宅の落語会の司会は経験済みですが、ホールでプロの芸人さんの前で司会をやるのははじめでした。

気楽にいたのですが、竜楽師匠やひまわり師匠の緊張感というか、緊迫感がつたわってきて、うまく演者につながないと、芸に支障が出てしまうかもというプレッシャーで、大変に勉強になりました。

司会に指名していただきました、竜楽会の役員の皆様方に感謝です。

15
女流講談の日向ひまわり師匠。

私の一つ下です。

腰が低くて、小柄で、かわいらしい方でした。

とっても腰が低かったという印象です。

開口一番は桂宮治。

演目は「動物園」です。

NHKの絵本寄席で聞いただけなので、本格的に聞いたのは初めてです。

8

司会でしたので、舞台袖から一枚。

前座さんの出囃子は、誰がやるんだろうと思っていましたが、誰もやらずに、ひまわり師匠がやってくださいました。

来年は私がやらなければと思います。

きつつきが来たら、きつつきにおねがいしますが。。。

10

12

講談は初めて生で聞きました。

演目は「木村長門守の堪忍袋」

「どんな理不尽な絡まれ方をしても、顔に蠅がとまったと思えばいいんだ」と感心しました。

そして竜楽師匠。

一席目は「片棒」です。

17

片棒は大好きな噺のひとつです。

囃子を演じるところが最高です。

山車人形が電線に引っかかるところも。

しかし、山車人形を知らない人はいるんでしょうね。

舞台袖から見ていましたが、師匠の横顔を見ていると、楽しそうに演じています。

「気持ちよさそうだなー」

これが感想です。

DVDにも収録されているのですが、今回はよかったです。

演者がのることが、一番良いのでしょうね。

20

2席目は「青菜」。

30分くらいの噺ですが、こちらも面白かったです。

竜楽会会長の弁護士の平谷先生が「今日の落語は一番よかった」と、落語の後の坂福で言っていまして、それぐらいよかったんでしょうね。

囃子連の仲間も一緒に坂福まで来てくれたのですが、平谷先生と席が一緒になり、「私の囃子の師匠です」と紹介したら、坂福の100周年の時に囃子をやれ、ということとなり、こちらもよかったです。

坂福の大洞社長と話を詰めたいと思います。

師匠は、ポルトガルへ行き、ポルトガル語で落語をやってきたそうです。

日本語が通じずに、落語をやった経験が、とてもよかったと師匠が話していました。

とにもかくにも言い一日でした。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

鮎のBBQ

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は天気がよかったので、自宅のウッドデッキでバーベキューもどき。

ホットプレートですから、もどきです。

100607_2

鮎を焼きました。

やっぱり魚はおいしいです。

鮎はこれからですからね。

子供に魚をさわらせて、焼かせます。

普段何気なく食べているものが何なのかを知ることも食育です。

100607_5

焼きおにぎりは、子供たちのもの。

年少の長女は、おにぎりに醤油を塗ることで、楽しんでました。

アスパラがおいしかったです。

長男は、焼けるようになってきたので、私はのんびりと、6時台の夕暮れを楽しみながらビールを飲めるようになりました。

100607_3

明かりはこれです。

中身は、電球ですが、提灯で優しい明かりになります。

梅雨前の気候をしっかりと楽しみました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

能と囃子

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は過ごしやすい一日ですね。

先日、能の世界を勉強しました。

1006061_3

締太鼓は、斜めに打ち込むことがあるので、正面より少し斜めにおいてあります。

バチがあがっている、右手が斜めに打ち込む時の仕草です。

このせいで、バチが右だけすり切れています。

叩き込んでいますね。

この締太鼓ですが、牛の皮です。

これは囃子と一緒なのですが、音を柔らかくするために、鹿の皮を中心に貼っています。

1006061_4

真ん中の白いものが鹿の皮です。

これは米からつくる糊で貼っているそうで、この糊ではないと、鹿の皮がはがれた際に、牛の皮に跡が残ってしまうとのこと。

1006061_1

締太鼓は片づける際は、この部分を取り外します。

胴は軽いです。

1006061_2

この胴は、江戸末期に作られたようです。

蒔絵があるからいいというものではないそうで、蒔絵を施すと、かえって音が響かなくなることもあるそうです。

囃子の先輩が、篠笛に漆を塗ったら、全く違う笛になったと言っていた記憶があり、単純な構成ですが、繊細なものなのです。

非常に軽く、囃子の締太鼓の重さが、ボルトの重さであることが実感できます。

100606_1

お面をかぶらせていただきました。

面(おもて)といっていましたが、これは神聖なもので、ひもを通す穴しかさわってはいけないとのこと。

私もひもを通す穴を持っています。

上の写真は顔にスッポリとかぶせた状態。

視界は良好です。

しかし、人間が演じているということを、視覚でより感じさせるために、あごを出して面をかぶるのが能の流儀だそうです。

1006061_7

そうすると、正面は見えず、天井と床しか見えません。

1006061_8

ちょうど師匠が手を出していますが、手の周辺と天井しか見えないのです。

故に、すり足で歩くようです。

動いている山車でこんなかぶり方をしたら、舞子は山車から落っこちますね。

能という世界を囃子のやり方と比較することにより、わかった気がします。

とても勉強になりました。

締太鼓を叩いた方とこの後の宴会で隣に座りましたが、「叩いているときよりも、叩いていない時の間が大切」と、囃子の締太鼓と、このあたりの心構えは一緒です。

私は誇りを持って囃子をしていますから、能が祭囃子より格上とは思いませんが、囃子連の仲間を連れてくれば良い勉強になったと思います。

祭りシーズンまであと一ヶ月を切りました。

オフシーズンは、この様な勉強で気分を盛り上げていきたいものです。

締太鼓を叩きたくなりました。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

東京ヴェルディー1969フットボールクラブ

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日はエスエストラストの杉本社長が、東京ヴェルディー1969フットボールクラブの梅澤さんを連れて来社。

100604

真ん中の方が梅澤さんです。

ヴェルディーを応援して欲しいという趣旨でした。

エスエストラストの杉本社長は、高校卒業後、ブラジルへ単身サッカーをやりにいった人。

サッカーを通じて、八王子の活性化に役立ちたいという思いから、かなり積極的にヴェルディーの為に動いています。

私も杉本社長の熱意に負けて、色々とご協力をさせていただきます。

杉本社長とは、同じ日本大学鶴ヶ丘高校出身。

ヴェルディーへの思いのうち100分の1くらいは、鶴高野球部甲子園出場への思いに分けてもらいます。

今度、ヴェルディーの試合を観に味の素スタジアムに行って来ようと思います。

味の素スタジアムの目の前は、友人の実家。

車を停めさせてもらおうかな。

長男はサッカー選手になると言っているので、連れて行きます。

しかし私は、長男に甲子園へ連れて行って欲しい。

親の思い通りにはいかないものです。

キャッチボールでもしよう。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

マニュフェストの呪縛

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

本日総理が辞意表明をしてびっくりしました。

現在の政治の混乱は、大風呂敷を広げすぎた民主党のマニュフェストの影響だと思う。

これを機に、解散総選挙をして、「子供手当の財源はありません」「高速無料化も無理です」などしっかりと無理なことは無理であると明らかにさせて選挙を行うべきであり、このまま総理が替わっても政策を実現させることは困難であろう。

赤字国債を発行しながら子供手当を支給するということは明らかにおかしいし、子供手当が少子化対策につながることとは思えない。

私の事務所の職員曰く「私の時代は子供手当なんてなくても子供を育てた。今の世代だけ子供手当てを支給するのは納得できない。」とのこと。

このまま、マニュフェストの呪縛で3年間政治をやられるよりは、実現可能な政策を掲げて選挙を行うことが国民のためだと思う。

安全保障は、国民の生活を支える根幹であり、安全保障や外交といった分野についても現実的な政策を掲げていかなければ政権を担当する資格はない。

マニュフェストの呪縛から経つ意味で、一日でも早い総選挙を行ってもらいたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

電話帳が無くなる?

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日はタウンページの打ち合わせ。

タウンページの営業マン。

はっきり言って自信がない。

タウンページの広告が自信を持って売れないらしい。

日野市、八王子市のタウンページで広告を出している社会保険労務士は3つ。

そして初めて知ったことは、Yahoo!BBフォンやJ-comの電話だと、NTTの回線を使っていないのでタウンページに載ることが出来ないそうです。

そうなると、NTTの電話帳はすべてを網羅しておらず、その付加価値も下がってくるでしょう。

神奈川県相模原市はNTTの回線を使わずに、J-comの電話を利用している方が多いようで、試験的にタウンページを「フリーペーパー」のような冊子で発行するようです。

そうなるとタウンページを保管してくれる方がどれだけいるのか不安になります。

「電話帳みたいに厚い」という言葉は死語になってしまうかもしれません。

NTTという巨大組織では、なかなか顧客のニーズを吸い上げることが出来ないようで、私の事務所には同じ担当の方が毎年くるのですが、その点をもどかしく感じられているようです。

私も事務所もタウンページの費用を大幅にカットして、WEBに振り分けるようになって3年が経ちました。

印刷業界の苦しさが体感できました。

しかし、どんな媒体であっても企画力と制作力は大切です。

ここに必ずヒントがあるはず。

それを見つけて実行できるかがこの数年の勝負に残れるかどうかではないでしょうか。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »