« 母校初戦!!!!!! | トップページ | 明星高校と東亜学園 »

2010年7月14日 (水)

妻の母校敗退

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日の日大鶴ヶ丘と都立日野台の記事。

http://www.hb-tokyo.com/report/486-hb-tokyo-game2010/6586-20100713001

18残塁でした。

昨年の西東京大会の最多残塁は日大鶴ヶ丘で15残塁(対八王子高校戦)。

それを超える残塁数。

昨年の記録を見ると、1試合最多四死球は八王子高校戦で、日大鶴ヶ丘が14。

八王子が与四死球ということですからね。

同じく14は日大二高で都立大泉戦でした。日大二高は勝っていますからね。

いかにこの試合が、一本が出なかったかということでしょう。

1イニング最多四死球も鶴高で、鷺宮戦に8四死球。

一方、大会最多本塁打は、日大三高ではなく、日大鶴ヶ丘の6本。

個人の最多本塁打は、府中工業の大澤君とならび、鶴高4番の小野君が3本。

如何に連打が出なかったかということでしょう。

この悔しさを今年にぶつけてもらいたいです。

今日も午後から高校野球観戦。

妻の母校、多摩大学付属聖ヶ丘高校と拓殖大学第一高校の試合。

西東京大会3回戦です。

多摩大学付属聖ヶ丘高校は、都立八王子桑志高校を9-2の7回コールド。拓殖大学第一高校は都立三鷹高校を2-0で下しての3回戦。

両校とも2戦目です。

このブロックは早実ブロックですから、勝ち上がるとベスト8をかけて早実と対戦するブロックです。

1007141_2

やっぱり八王子市民球場は広いですね。

良い球場です。

100714_1

到着したときは、2回裏の多摩大聖ヶ丘の攻撃中。

2-8で負けていました。

100714_2

多摩大聖ヶ丘が押し出しと、ヒットで2点とりましたが、3アウトチェンジで4回の表の攻撃に入る前に激しい雨が降ってきて、一時中断。

30分ほど中断しましたかね。

晴れ間が覗いているのに雨が降っていたりと変な天気でした。

100714_3

試合再開で4回表の拓大一高の攻撃開始。

雨天中断後の試合は難しいですね。

再開後の立ち上がりに先頭打者フォアボールを出して、その後2失点で4-11。

拓大一高は、継投でした。

サイドスローの背番号10番豊田君。

なんと私の中学の後輩、八王子第4中学校出身です。

100714_5

100714_6

囃子連の後輩の八王子北高校の遊撃手だった山口君も八王子4中出身で、この代は四中野球部は強かったようです。

拓大一高は三年生が多いですね。多摩大聖ヶ丘はエースナンバーをつけている中野君は一年生です。

100714_10

拓大一高のスタンド。

活気がありました。

その後、両校点が入らずに、7回コールドで拓大一高の勝利。

100714_7

100714_8

拓大一高は14安打で11得点。

多摩大聖ヶ丘は7安打で4得点です。

やはり、しっかりと送るべきところで送り、四死球を出さないようにするということの基本をやらないと勝てないなと思います。

得点差があったとしても、しっかりと送って、スコアリングポジションにランナーを進めることは、投手へのプレッシャーにもなりますので、やった方がいいんじゃないかと思った試合でした。

母校、日本大学鶴ヶ丘は17日10時より小平南と府中市民球場で4回戦となります。

頑張れ鶴高!!!!!

5回勝って甲子園へ連れて行って!!!!!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 母校初戦!!!!!! | トップページ | 明星高校と東亜学園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母校初戦!!!!!! | トップページ | 明星高校と東亜学園 »