« 我が国の閉塞感は行き過ぎた国内志向が原因では | トップページ | 最低賃金1,000円という発想から閉塞感を考える »

2010年8月 2日 (月)

幼い親と両親との関係を見つめ直さねば

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

こどもに関する悲惨なニュースが報道されている。

私が違和感を覚えるのは、このニュースに「夫」や「その女性の両親」の姿がないことである。

子供を部屋に置き去りにした女性や量販店で出産をし、その子を側溝に捨てた女子高生。

犯罪行為であり、あってはならないことであるが、とても孤独であったであろう。

この種の事件を根本的に解決するためには、犯罪を犯した親への教育もさることながら、夫や両親への対策が重要であると思う。

児童相談所の役割について、虐待の疑いがあるケースについては、親の両親と連携をするとか、元夫と連携をするというような機能を持たせていかないと、幼い親と幼い子の負の連鎖はとまらないと思う。

そのためには、親になった子供と、その両親とのわだかまりの解決など根深い問題があるのであろうが、子育ては非常に長い道程。

その様にしていかなければ悲劇は続くのではないかと思う。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 我が国の閉塞感は行き過ぎた国内志向が原因では | トップページ | 最低賃金1,000円という発想から閉塞感を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が国の閉塞感は行き過ぎた国内志向が原因では | トップページ | 最低賃金1,000円という発想から閉塞感を考える »