« ファミレスで新聞提供 | トップページ | 国民が招いた中国の侵略行為 »

2010年9月24日 (金)

主権の侵害にも無力な政権

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は夕方から腹が立っている。

理由は中国人の船長が釈放されたからだ。

中国は話し合って解決できる相手ではない。

チベットやウイグルと同様に今回の件を考えなければならない。

米軍の影響力が薄くなった南シナ海で中国が何をしているのか、その現実を見るべきである。

南沙諸島

西沙諸島

これら南シナ海の領土問題は、実行支配下にある海域である。

尖閣諸島は、我が国固有の領土であり、領土問題などはそもそも存在しない。

一方的に中国が領有権を主張し、その海域を調査し、そして今回は実力行使に出てきたわけである。

これは明らかな侵略行為である。

その侵略行為をされても、完全な敗北とわかる外交を行ってしまった。

これは我が国と対立する場合には、無理難題をいえば何とかなる。邦人を勾留すればなんとかなるというメッセージを発してしまった。

許されるべきものではない。

政治的配慮で釈放をしたと那覇地検の次席検事は言っていたが、仮に検察が独自の判断でその様な判断をしたら、許されるべきものではない。

来週からの国会で、協議したとされている那覇地検の検事正、福岡高検の検事長そして検事総長の喚問を行い徹底的に追及しなければならない。

常識的には検察が政治的配慮と記者会見することがおかしいわけで、検察独自の判断とは到底考えにくい。

ではオーストラリアのシーシェパードの船長との違いを明らかにして欲しい。

自民党の谷垣総裁のコメントもひ弱で頼りない。

自民党がしっかりしないと、もっといえば、保守勢力がしっかりしないと国が滅ぶ。

今後、中国は尖閣諸島への侵略を繰り返してくるであろう。

船長を勾留すらできない前例をつくってしまった政治的判断のミスは大きい。

民主党政権の政策は、日本のナショナリズムを覚醒させるだけであると考える。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« ファミレスで新聞提供 | トップページ | 国民が招いた中国の侵略行為 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファミレスで新聞提供 | トップページ | 国民が招いた中国の侵略行為 »