« 食育と食糧資源 | トップページ | 和民渡邉会長の講演を聞いて »

2010年9月30日 (木)

責任を取らない政治

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

クールビズが今日で終了。

今週からネクタイを着用していますが、7月、8月とネクタイをしていないと、感覚が鈍るのか、スーツとシャツ、そしてネクタイのチョイスに時間がかかります。

日々やっていないと何事も感覚が鈍ってしまいます。

中国人船長の釈放により誰も責任を取っていない。

官房長官や総理も対応のまずさを認めている。

それであれば、責任者が職を辞さなければ、対外的なメッセージとして、我が国が釈放をしたことは間違いで、厳しい国民世論が存在するということが発信されない。

仮に検察が政治的考慮を理由に釈放したのであれば、法務大臣はもとより、検事総長以下最高検察庁の幹部、福岡高検の検事長以下幹部、那覇地検の検事正以下幹部を罷免しなければならない。

検察としてあるまじき対応であったからだ。

検察が政治的配慮で釈放するとは思えない。

そうであれば、官房長官と法務大臣は辞任すべきだ。

これが外交における対応を誤った場合の最低限の義務だと思う。

釈放を受けて、我が国の国民世論が厳しく、辞職した。

よって、今後同様のことがあれば、国民世論が許すはずもなく、政治的配慮で釈放すると言うことはない。

この様なメッセージを中国に発しなければならない。

すでに中国の漁船を監視するための船舶が、多数我が国の領海ギリギリのところまで来ている。

この件について、誰も責任を取らないと言うことは許されるべきことではない。

安部元総理が「パトカーにぶつかってきた車両を、警察官が怪我をしていないからといって罪に問わないと言うことはない。これと同じだ」という趣旨の発言をされていました。

同感です。

日本人が公務執行妨害で起訴され、外国人は政治的配慮で起訴されない。

これがまかり通るはずがない。

日本人のプライドにかけて、中途半端に終わらせてはいけない。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 食育と食糧資源 | トップページ | 和民渡邉会長の講演を聞いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食育と食糧資源 | トップページ | 和民渡邉会長の講演を聞いて »