« 主権の侵害にも無力な政権 | トップページ | 結婚おめでとう! »

2010年9月25日 (土)

国民が招いた中国の侵略行為

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

中国漁船の船長を釈放して何が変わったでしょうか。

中国は日本に賠償金と謝罪を要求している。

尖閣諸島を中国の固有の領土と主張している。

問題を先送りしただけ。

中国とは、既成事実の積み重ねで侵略を行う国家。

我々日本人の良識は通用しない。

今度は我が国の漁船が中国に拿捕される懸念が出てきました。

その事態に備えてどの様に対応するのか検討しておかなければならない。

海上保安庁の職員は命がけで日本の領海を守っている。

那覇地検の次席検事の会見は、ささやかながらの抵抗でしょう。

中東から我が国に通じるシーレーンが中国の影響下に入り、国民の生活を守るための資源の安定供給が出来なくなる。

これから次々と我が国に難題を突きつけてくる中国に対し、二度と妥協をしないようにしなければならない。

同様の問題は中韓でもあった。

韓国は中国に毅然とした対応をして、賠償金までもらっている。

弱腰で戦略性のない外交政策の我が国の弱点を見透かされて、なめられているだけである。

米国との関係が最悪であり、中国には好き勝手され、いったい誰がこの国を守るのか。

我々国民一人一人が、シビアに、そして現実的に国際政治をみながら投票行動をしていかなければならない。

左の方が知識人と思われている時代があったようだが、私には信じられない。

我が国にしか通用しない理屈を振りかざし、その発言は言い放し。

日本国民がしっかりと、自分の国は自分で守るという決意をしなければ、民主党政権のような稚拙な政権が誕生して、国益が失われる。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 主権の侵害にも無力な政権 | トップページ | 結婚おめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主権の侵害にも無力な政権 | トップページ | 結婚おめでとう! »