« 役務が長期にわたる場合の歩合の精算方法 | トップページ | 子安市民センターまつり »

2010年10月22日 (金)

顧問フォーラムのご紹介

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

ヒューマンアイの桐生社長と高橋常務が事務所においでくださりました。

新規事業の話です。

写真は高橋常務だけ。

101023

隣に桐生社長がいらっしゃいます。

顧問フォーラムという新規事業を立ち上げたことのご説明にいらっしゃいました。

顧問フォーラム

顧問フォーラムは、専門家からコンサルティングを受ける事を目的としたサービスで、顧問フォーラムに登録している大手企業の役員や部長OBが、クライアントにコンサルティングをするために派遣されるという仕組みです。

例えば、製造業の生産効率を上げたい、中国に工場を移転したい、大企業OBの人脈を使ってチャネルを拡大したい等々の問題を解決するために、クライアントが顧問フォーラムに依頼します。

顧問フォーラムは、登録されている専門家の中から数名を紹介して、クライアントと面談をします。

クライアントが、「この人!」と思った方を顧問として委任契約を顧問フォーラムと締結します。

この利点は、個性の強い中小企業の経営者が相性の合うコンサルタントを見つけることが出来るということ。

これは非常に大切で、コンサルタントとの相性が合わないと、そのプロジェクトも上手くいきません。

これは桐生社長も含め、経験をされた方が多いのではないでしょうか。

数名の専門家と面談をすることにより、専門性と相性を見極めて委任契約を締結できるメリットがあります。

そして、コンサルタントを常時抱えておく必要がある、コンサルティングファームと違い、そもそも専門的な経験のあるコンサルティングを登録しておき、その方を紹介することにより、教育コストもかかりませんので、リーズナブルに出来ます。

概念的には、社会保険労務士や弁護士を紹介して、その期間のコンサルティング報酬を顧問フォーラムに支払うというものです。

ビジネスの発想としても面白いですが、それを新規事業として立ち上げる桐生社長の行動力には脱帽です。

先日の一級建築士の奥田さんといい、桐生社長といい、刺激を与えてくださる方々に元気をもらい、私も頑張っていこうと思います。

ちなみに高橋常務はこのブログを毎日読んでくださっているとのこと。

興味のある方は、高橋常務までお問い合わせください!

顧問フォーラムお問い合わせフォーム

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 役務が長期にわたる場合の歩合の精算方法 | トップページ | 子安市民センターまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 役務が長期にわたる場合の歩合の精算方法 | トップページ | 子安市民センターまつり »