« まちづくりな一日 | トップページ | 来年の手帳決定! »

2010年11月28日 (日)

租税教育講師養成研修

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は朝から社会福祉法人太和会の理事会。

9時から14時までの会議。長い。

そしてクライアントとの打ち合わせを2件こなし、夜は八幡囃子連の忘年会。

チェックのスーツ、やはり評判が悪い。

図々しく参加しましたが、別府姉妹に遊んでもらうのが今は一番!

楽しかったです。

先週の木曜日、25日は八王子法人会の小学校租税教育講師研修でした。

講師は立川税務署広報広聴官。

私は2回目の受講です。

みなみ野小学校へ実際の授業を見に行ったりしました。

Dscf6188

租税教育とは、納税することの意義を伝える学習です。

税金がなくなった世界はどうなるのか。

橋が修理できなかったり、消火活動後に多額の請求書がいったり、道路の管理もできなくなったりという世界をアニメで紹介します。

そして税金の使われ方を学びます。

学校の校舎1棟10億円。プール1億円。体育館2億円。

児童一人当たりの年間の教育費約85万円。

小学校6年間で510万円の税金がかかっていることになります。

日本の人口を1億人とすると、プールをつくるのに一人1円の負担。

この負担を社会全体で負担するのが税金の考え方ということです。

学校をつくるのに、校舎2棟とすると10億×2=20億

プールと体育館で3億円。

用地や外溝工事等を除いて、23億円。

国民一人23円の負担です。

このような感じで、税金の学習をします。

中学生への租税教育には、これに国家財政が入ります。

Dscf6189

財政赤字の深刻さを伝えます。

国税庁の作成した租税教育プログラムですので、国家財政についてはドライに説明します。

円グラフの紫の部分が国債と国債償還費です。企業では倒産しますよね。

このような教育をしっかりと行えば、税金の使われ方に興味を持つでしょうし、我が国の課題である、有権者の成熟につながっていくと思います。

しっかりと児童に伝えていきたいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« まちづくりな一日 | トップページ | 来年の手帳決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まちづくりな一日 | トップページ | 来年の手帳決定! »