« 尖閣諸島沖の流出ビデオ | トップページ | 八王子商工会議所サービス情報部会総会 »

2010年11月 5日 (金)

鯨と領土、環境団体と漁船、豪州と中国。何故取り扱いが違う

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

尖閣諸島沖の中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりしてきた映像をみました。

安部元総理も仰っていましたが、日本国内で、中国人が運転をする自動車が、警視庁のパトカーに体当たりしてきた場合、これも国際的な配慮で釈放するのか。

しないであろう。

我が国の領海外での行為で逮捕されたシ-シェパードの船長は刑事手続をすすめられ、我が国の領海内での行為で起こった中国漁船は刑事手続きがなされない。

この取り扱いの違いは?

日本政府にとって、領土より鯨の方が大事なのか。

シーシェパードの際は、映像が公開された。

この違いは何なのか。

野党もこの辺をしっかりと追求して欲しい。

国家を守るという気概が無い政権は、速やかにその座を降りるべきである。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 尖閣諸島沖の流出ビデオ | トップページ | 八王子商工会議所サービス情報部会総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尖閣諸島沖の流出ビデオ | トップページ | 八王子商工会議所サービス情報部会総会 »