« 休日の八王子駅南口 | トップページ | JR八王子駅南口街開きセレモニーでの囃子 »

2010年11月24日 (水)

収支合わせの税制議論

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

政権交代してから、増税の話しかない。

法人税を引き下げる。

その財源を確保するために、他の税金を引き上げる。

この様な議論です。

生活が豊かになるためには経済成長をするしかない。

政府の財政出動で、景気を下差さえしている期間に、企業が設備投資を行ってもらわなければならない。

政策的な減税とは、この様なことであり、設備投資を促進したり、研究開発を促進したりする環境を整えていくことである。

政府税調では、法人の行う研究開発に関する費用の優遇税制を廃止して、法人税の引き下げの財源にするという。

目先の収支を合わせる事に重きを置いて、何のための税制かという議論がない。

資源のない我が国にとって、人材育成は極めて大切な事である。

そしてその人材によって、研究開発がなされ、技術をもって国を富ませなければならない。

民主党政権は、この研究開発に関する費用を削減するばかりか、民間が研究開発に投資する費用まで手をつけて、目先の収支を合わせている。

これでは企業の研究開発意欲を削ぐばかりか、設備投資に対する意欲を削ぐことになる。

税制に関する報道を見ていると、収支を如何に合わせるかという財務省の意向しか分からない。

政権はどうしたいのか。

このメッセージこそが、企業の設備投資を促す最も大切なことだと思う。

そして、増税とセットの減税では、その効果は限定的だ。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 休日の八王子駅南口 | トップページ | JR八王子駅南口街開きセレモニーでの囃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休日の八王子駅南口 | トップページ | JR八王子駅南口街開きセレモニーでの囃子 »