« JR八王子駅南口街開きイベント最終日 | トップページ | 国内製造業を守るためには »

2010年12月 6日 (月)

増税の議論ばかりにうんざり

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は、ロータリーの新会員候補の面接にいってきました。

推薦→理事会決定→面談→会員に入会の意義がないか確認→入会

この様な手続きです。

面談には、会長と幹事、そして会員組織委員長が行きます。

推薦者も来ることがありますが、今日は3人で行きました。

今年度3人目の新会員候補の面談。

慣れてきました。

101204_9

会社にこんな大きな水槽が。

凄い。。。

イソギンチャクが元気でした。

101204_8

101204_5

綺麗でした。

税金に関する政府内での議論を報道を通じて見ていると、如何に子供手当を支給するかという理念しかなく、国家をどの様にしていくのかというビジョンがない。

経済状況がこれだけ落ち込み中、経済政策も無策で麻生内閣時代の置きみやげであるエコポイントも縮小、エコカー減税は終了。

経済政策は??????

増税の議論をしていて、消費が刺激されるはずがない。

企業の設備投資も出来ない。

そして政府の財政出動には、理念がない。

国家財政がこの様な状況では、増税は致し方ないにしても、現在の政府の支出では到底納得できない。

子供手当をやめて、従前の控除制度に戻すだけで減税になる。

子供手当のために増税されて、国家に収納され、それが子供手当を通じて一部国民に還元される。

このコストが無駄ではないか。

企業が成長しなければ雇用は生まれない。

子供手当、高校無償化、農家の個別補償。

選挙向けのスローガンに過ぎない、この3つをまずやめることから政策の議論ははじまると思う。

製造業は本当に厳しい。

国内にしか製造拠点を置くことが出来ない中小企業の厳しさは相当なものです。

最低賃金を政策的に上げたので、運送業、仕出し屋、小売り、外食も厳しい。

もっと戦略的にどういうプロセスで、この国の経済を活性化し、雇用を増やしていくのか。

このビジョンが大切です。

ビジョンもなく、リーダーシップもなく、各省庁主導の予算編成。

来年度予算は組めるのであろうか。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« JR八王子駅南口街開きイベント最終日 | トップページ | 国内製造業を守るためには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR八王子駅南口街開きイベント最終日 | トップページ | 国内製造業を守るためには »